レンジフード国内シェアNo.1※1の富士工業株式会社、「換気の喚起」をテーマに効率的な換気方法を公開

PR TIMES / 2020年7月20日 17時40分

~レンジフードの有無による換気の影響をシミュレーション動画で可視化~

 レンジフード製造・販売において国内シェアNo.1※1を誇る富士工業株式会社(神奈川県相模原市/厨房機器製造・販売/代表取締役社長 柏村浩介/以下、FUJIOH)は、この度レンジフードを活用した住宅の効率的な換気方法を当社WEBサイトにて公開いたしました。
URL: https://www.fujioh.com/kanki/index.html



[画像1: https://prtimes.jp/i/46719/12/resize/d46719-12-607355-2.jpg ]

 昨今新型コロナウイルス感染症の感染リスクを低減させるため、換気の重要性に注目が集まっています。新型コロナウイルスの集団感染が発生する場所は「換気の悪い場所」、「人が密に集まって過ごす空間」といった傾向があり、空気を入れ替え、キレイに保つことが感染リスクを低減させるためには有効と考えられています。
 この度FUJIOHは、レンジフードを活用した効率的な換気方法を当社WEBサイトにて公開しました。換気には大きく、窓を開けて行う「自然換気」と、ファンなどを用いて行う「機械換気」の2通りがあり、シミュレーション動画※2をもとに2つの換気方法の比較を紹介しています。シミュレーションの結果からレンジフードを活用して換気する「機械換気」は、「自然換気」と比べ安定的かつ効果的に室内を換気できることがわかりました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/46719/12/resize/d46719-12-193658-0.png ]

 今後もFUJIOHでは、空気環境改善のプロとして、「空気を変え、環境を変え、明日を豊かに変えていく」を目指すビジョンに掲げて、日々新たな環境づくりに挑戦してまいります。

※1. シェア64.1%。富士経済「2017年版住設建材マーケティング便覧」(2016年実績)
※2. 窓を開けただけの「自然換気」と、窓を開けレンジフードを運転させた「機械換気」の2つを比較しています。
・レンジフードの排気風量は420㎥/hとしています。
・外風条件は右から左へ1m/sとしています。
・24時間換気は実施しないものとしています。
・室内の空気が80%入れ替わる換気時間の差を効果としています。
URL: https://www.fujioh.com/kanki/index.html

【富士工業グループ会社概要】
事業概要  :キッチン用換気扇の企画・開発設計・生産・販売・アフターサービスまで、一貫した事業活動を行う住宅設備機器メーカー
代表者   :代表取締役社長 柏村浩介
創立    :1941年12月
所在地   :神奈川県相模原市中央区淵野辺2丁目1番9号
従業員数  :846名(役員、アルバイト・契約社員等を除く)
グループ会社:富士ホールディングス株式会社
       富士工業株式会社
       富士工業販売株式会社
       フジテックメンテナンス株式会社
       F.I.T (FUJIOH INTERNATIONAL TRADING PTE,LTD.)
       芙子帝風商貿(上海)有限公司 (FUJIOH TRADING SHANGHAI CO.,LTD.)
       [関連会社]アリアフィーナ株式会社
公式WEB : https://www.fujioh.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング