ママ・パパが選ぶ「カーシェア」 利用率第1位は「タイムズカーシェア」

PR TIMES / 2020年7月3日 11時0分

「こどもリサーチ」~「カーシェア」についてのアンケート~

 園児とママのための情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」を展開する株式会社こどもりびんぐ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:中島一弘)では、未就学児のパパ、ママを対象にしたリサーチ事業「こどもリサーチ」を展開しています。今回の調査テーマはママ・パパが選ぶ「カーシェア」について。利用率1位は「タイムズカーシェア」(タイムズモビリティ株式会社)となりました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/57067/12/resize/d57067-12-994281-0.png ]

◆今回の調査テーマは「カーシェア」 利用経験がない人も半数以上が興味
第7回調査となる「こどもリサーチ」。ママ・パパが選ぶカーシェア利用率第1位は1位「タイムズカーシェア」、2位「オリックスカーシェア」、3位 「ニッポンレンタカー カーシェアリング」という結果に(表1)。調査では、全国の回答者のうち76.4%が「自家用車を持っている」と回答。カーシェアに登録している人は5.5%にとどまったものの、カーシェア利用経験がない56.2%の人がカーシェアに 「興味がある」と答えました。カーシェアを利用している理由として、税金などの「固定費を抑えられた」「出先で急に車が必要になった時や自宅以外で車が必要な時に、どこでも使える」などコスパおよび利便性に評価が集まりました。
利用率1位の「タイムズカーシェア」を選んだ人の中では、「ステーションが近いから」、「ステーションがたくさんあるから地方でも使える」といった声が多くみられました。

(表1)
[画像2: https://prtimes.jp/i/57067/12/resize/d57067-12-277815-1.jpg ]


◆新型コロナウイルスの影響で「以前より使用したい気持ちが高まった」人も
「カーシェアに興味があり、検討している」という回答者に対し、新型コロナウイルスの影響でカーシェアに対する気持ちが変わったかという設問において、「以前より使用したい気持ちが高まった」 27.8%、「以前と変わらない」 55.5%、「以前より使用したい気持ちが低くなった」 16.7%となりました。外出自粛で「我慢」してきた子育て世帯が、今後、マイカー以外のどのような交通手段で「お出かけ」するのかは、注目が集まります。

◆短時間利用、子連れレジャー、子どもの送迎などが登録のきっかけに
調査では、登録の際にもっとも重視したこと、実際に1か月で利用している平均価格、登録のきっかけ、利用後のギャップ、不満や改善してほしい点、利用頻度、利用していない理由、どんな部分がクリアになれば登録しようと思うかなどを聞きました。登録のきっかけとしては「短時間で利用しそうな機会が増えた」(38.9%)という人がもっとも多く、次いで「子連れでのレジャー利用」(27.8%)、「子どもの送迎・大きな荷物がある場合の移動・急病など緊急時・郊外への買い物」(いずれも22.2%)と続きました。

◆車のサブスクサービスについても調査
また、車に月額固定費だけで乗れる「サブスクリプションサービス」についても調査。もっとも興味のあるサブスクリプションサービス1位は「KINTO」(59.9%)、2位は「ホンダ マンスリーオーナー」(19.2%)、3位は「スマボ」(14.4%)となりました。購入だけでなく、カーシェアやサブスクなどさまざまなサービスの登場によってカーライフの幅が広がり、パパ・ママ世代の車に対する価値観が変化していきそうな予感です。


【調査概要】 ▼期間:2020年5月13日~17日▼調査対象: 「あんふぁんWeb」「ぎゅってweb」、サンケイリビング新聞社公式サイト「リビングWeb」「シティリビングWeb」各会員で未就学児を持つ人
【回答者プロフィール】 エリア:全国327人(女性297人、男性30人)
調査対象:カレコ/dカーシェア(NTTドコモ)/オリックスカーシェア/タイムズカーシェア/ニッポンレンタカー カーシェアリング/カリテコ/ホンダ エブリゴー/エコロカ/アースカーDシェア(大和リース)

こどもリサーチ「カーシェア」についてはコチラからチェック!
https://www.kodomoliving.com/research/carshare/

調査項目のダウンロードはコチラから
https://forms.gle/5emZWRTxDNRuUQpL6


株式会社こどもりびんぐは、小学館グループで園児とママ向け情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」の発行、ウーマンリサーチ等、女性や未就学児の親を対象とした「リサーチ事業」(※)を展開するメディア事業者です。
「こどもリサーチ」では、次回「学習机」ほか、今後もさまざまなテーマで調査を実施、報告してまいります。受賞企業には、受賞ロゴ・調査データ活用のご提案もしております。受賞ロゴは店頭ツール・商談資料・ブランドサイト・検索エンジン等、幅広くご活用いただけます。詳しくはお問い合わせください。

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社こどもりびんぐ 事業本部メディアビジネス部 新規事業チーム
E-mail:kodomo.research@kodomoliving.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング