【コーポレートガバナンス強化に向けて】独立役員(社外取締役・社外監査役)の研修・紹介サービスを開始

PR TIMES / 2015年1月7日 15時8分

「コーポレートガバナンス・コード」と「スチュワードシップ・コード」の実現を促進

 IRコンサルティング会社の株式会社フィナンテック(Finantec Co., Ltd., 本社:東京都中央区、代表取締役:甲斐昌樹、以下FT)は、100%子会社である人材派遣・紹介会社、株式会社ヒューマンディベロップメントインスティテュート(Human Development Institute Co., Ltd. ; 以下HDI)を通じて、上場企業向けに独立役員の研修・紹介サービスを2015年1月よりスタートいたします。

◆FTグループ新サービス 【上場企業向け 独立役員(社外取締役・監査役)研修・紹介サービス】
国内外金融機関エグゼクティブ経験者、企業役員経験者、会計士・弁護士、学識者、女性役員経験者等のHDIにおける登録人材に対して、FTにて社外役員導入研修を実施後、HDIより上場企業に紹介

日本成長戦略のメインテーマとして企業の継続的成長を促進する目的から、2014年2月にスチュワードシップ・コードが機関投資家向けに導入されました。続いて2015年春には、企業向けにコーポレートガバナンス・コードが導入される予定です。企業価値向上に向けて社外取締役(独立役員)2名の選任が課せられ、選任しない場合はその説明が必要とされます。独立役員を任命することにより、コーポレートガバナンスを強化し、株主平等性や企業を取り巻くあらゆるステイクホルダーに向けての企業価値向上を目指す体制が構築できることとなります。

FTグループは、1998年創業来300社以上の上場企業に対して、IRコンサルティングの立場から企業価値向上を支援してまいりました。また、非営利企業の「一般社団法人 戦略的グローバルIR協議会」において、企業価値向上に向けた財務戦略からコーポレートガバナンスまで、幅広い領域で啓蒙活動を行っております。

今後、HDIを通じ、優秀なキャリア・経営経験をもつ人材向けに、企業価値向上につながる財務戦略、コミュニケーション戦略、ESG( Environment, Social responsibility, Governance)の知識、投資家との対話手法や事例の研修を提供し、上場企業に対しては、要望に応じて優秀な独立社外役員の紹介サービスを提供してまいります。これにより、企業価値向上にむけたコーポレートガバナンスの強化を支援すると同時に、対話型IRという次世代の企業コミュニケーションを促進していきたいと考えております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング