【ストッパ・センター試験に関する意識調査】2015年のセンター試験はゆとり世代VS脱・ゆとり世代! 約7割が“不利”と考える出題範囲改訂によって、浪人生にはよりプレッシャー

PR TIMES / 2015年1月7日 13時28分

受験当日に不安なことは「プレッシャーによる体調不良」、その第1位は「下痢」



 2015年のセンター試験受験生は、学習指導要綱の改訂により、数学と理科の出題範囲が変更になるなど、前年と異なる環境での受験となります。
 そこで、ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、大学受験シーズンに先駆け、「ストッパ・センター試験に関する意識調査」を実施しました。その結果、出題範囲の改訂に関し、新課程に対応した「脱・ゆとり世代」である現役生の約6割はポジティブに捉えているのに対し、「ゆとり世代」である浪人生の約7割はネガティブに捉え、不安やプレッシャーの原因になっていることがわかりました。また、受験当日に不安なことは「プレッシャーによる体調不良」であり、その第1位は「下痢」でした。


【調査概要】
・調査期間: 2014年11月22日~11月24日
・調査方法: インターネット調査
・調査対象: 2015年のセンター試験を受験する予定の全国の高校3年生100人2015年のセンター試験を受験する予定の全国の浪人生(予備校生あるいは自宅浪人生)100人


■2015年センター試験の変更点について
 学習指導要綱の改訂により、2015年から数学と理科の出題範囲が広がります。(旧課程履修者(浪人生)については、新課程及び旧課程から選択可能)。また、1997年のセンター試験にて、数学で出題範囲の改訂が行われた際には、旧課程に対し新課程の平均点が21.69点高くなりました。このことから、試験内容が変更となる際は、旧課程に比べ新課程の方が高得点となりやすい傾向があるとされています。
※出典:「旺文社教育情報センター 今月の視点2014年8月」


(1)調査結果

■受験生にとってセンター試験にかかるプレッシャーは人生最大
「2015年のセンター試験の受験にプレッシャーを感じるか」を受験生に聞いたところ、「とても感じている(48.0%)」、「やや感じている(30.5%)」と、約8割がプレッシャーを感じていることがわかりました(図1)。また、「これまでの人生最大のプレッシャーを『100』とすると、2015年のセンター試験に感じるプレッシャーはどの程度か」と聞いたところ、回答者の平均は101.52となり、センター試験に感じるプレッシャーは人生最大のプレッシャーに匹敵することがわかりました。


■75%の浪人生が現役生をプレッシャーに感じている!
 浪人生に対し「新課程に対応している現役生に対してプレッシャーを感じているか」を聞いたところ、「非常にプレッシャーに感じている(34.0%)」、「ややプレッシャーに感じている(41.0%)」と、75%が現役生をプレッシャーに感じていることがわかりました(図2)。
 「ゆとり世代」である今年の浪人生は、新課程に対応した「脱・ゆとり世代」である現役生の存在にプレッシャーを感じていることがわかりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング