記憶に残る、美しい花嫁になるためのとっておきの方法

PR TIMES / 2013年5月15日 14時45分

6月26日 ナルシソ ロドリゲス 新香水発売

“ジューン・ブライド”と言われるように、6月は結婚式の話題が最も盛り上がる季節です。式を間近に控えた人も計画中の人も、最高に素敵な花嫁になるために思いを巡らすのは至福の喜び。そこでブルーベル・ジャパン株式会社(東京都港区南青山2-2-3)では、ウエディングをより思い出深いものにし、花嫁をより輝かせるために、香りの力を利用することをおすすめしています。6月26日発売の新香水「ナルシソ ロドリゲス ロー フォー ハー」も花嫁にぴったりのフローラルブーケ。香りは記憶に残ります。この日のために最高のドレスを選ぶように、スペシャルな香りを選んで纏えば、花嫁の美のオーラと幸せの瞬間が長く記憶に残ること、間違いなしです。



■結婚式では香水は敬遠される!?

香水はドレスやティアラと同様、纏った人を美しく「魅せて」くれる最高のアクセサリー。「お料理の邪魔になるから」「お年寄りなど、香水に馴染めないゲストもいるから」などの理由で、結婚式で新郎・新婦が香水を纏うことを良しとしないウエディング・プランナーもいるそうですが、正しい知識を持って香りを選べば、花嫁を特別な存在として引き立てるだけでなく、さらに記憶に刻まれやすい香りの力で、この特別な日をいっそう忘れがたいものにしてくれます。また、二人の記念日が訪れるたびに、同じ香りをまとってみるのも素敵です。

■ウエディングのための香水は、どうやって選べばよいの?

ウエディングのために特別な香りを選ぶなら、以下の4つの方法がおすすめです。

1. ブーケに合わせて選ぶ
2. 会場やセレモニースタイルで選ぶ
3. 幸せを呼ぶネーミングを持つ香り
4. サムシング・ブルーにちなんだ香り

1.ブーケに合わせて選ぶ
ブーケで使われる、バラ、ピオニー、ガーデニアなどの花々はその香りも美しいもの。ブーケに合わせた花の香りのフレグランスをまとうことで、洗練されたノーブルな印象を与え、幸せな記憶が深く刻まれます。

例)ローズのブーケ・・・フレッシュでみずみずしいイングリッシュローズの香り、バーバリー ボディ テンダー オードトワレがおすすめ。

ピオニー(シャクヤク)・・・ピオニーとムスクがモダンな女性らしさとさりげない官能性を表現したナルシソ ロドリゲス ロー フォー ハー オードトワレ(6月25日新発売)がぴったり。

ガーデニア(クチナシ)・・・ガーデニアとレッドベリーが軽やかで生き生きとしたエレガンスを表現したフローラ バイ グッチ ガーデン ゴージャス ガーデニア オードトワレはいかがでしょうか。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング