フルノシステムズ、クラウド対応の統合型無線LAN管理ソフト『UNIFAS』を新開発!アクセスポイント1000台管理が可能。

PR TIMES / 2013年5月13日 10時50分

新しい 『UNIFAS』(ユニファス)は、自前で構築したサーバやクラウド上の仮想サーバに導入することで、各拠点に分散して設置されたアクセスポイント『ACERA』(アセラ)を最大1,000台まで一括集中管理することができます。




業務用無線LANの大手、株式会社フルノシステムズ(代表取締役:妹尾行雄、古野電気(株)関連会社)は、統合管理型無線LANシステムとして定評のある無線LAN管理ソフト「UNIFAS」とアクセスポイント「ACERA」を新開発し、自前のサーバからデータセンターの仮想サーバまで幅広く導入できるよう機能アップしました。

現在、国内の業務用無線LAN市場は、マーケットシェアの半数以上が外資系企業の製品で占められています。これらのハードウェア型無線LANコントローラを使った無線LAN管理の仕組みは、アクセスポイントをコントローラで集中管理する方式のため、大学でキャンパスが分かれていたり、企業の支店展開があると、拠点ごとにコントローラを設置する必要がありました。

これに対し、「UNIFAS」は、各キャンパスや拠点の「ACERA」を本校や本店など一か所で一括集中管理できます。ユーザの通信パケットと「ACERA」の管理パケットを分離しているため、「UNIFAS」とは管理パケットのやり取りしか行いません。このパケットは、Webアクセスと同じ通信手順を採用しているためLANだけでなく、インターネットを経由することもでき多様な接続環境に対応しています。

「UNIFAS」 はクラウド上の仮想サーバに導入することができますので、自前で管理サーバを設置しない方法で「ACERA」 を一括集中管理する使い方もでき、TCOの大幅な削減を可能としました。

また、一台の「UNIFAS」で最大 1,000 台の「ACERA」を集中管理できます。さらに、「UNIFAS」が停止しても「ACERA」 は動作を継続できますので、全アクセスポイントが一度に停止するリスクもありません。
 
このように独自の進化をはじめた『UNIFAS&ACERA』は、無線ネットワーク管理システムとアクセスポイントのシンプルな仕組みでありながら、現在の多様なモバイル端末のアクセス環境に応えることができる、唯一の国内システムとして、様々なシーンで活用されていくものと予想されます。

今後、タブレット端末やスマートフォンのようなモバイル端末が急増していく中で、学校、公共機関、オフィスなどで、無線LANの必要性が急激に高まっており、当社の無線ネットワークのシェア拡大が期待できます。なお、5月15日~17日まで、東京ビックサイト東ホールで開催される、『第4回教育ITソリューションEXPO』(主催:リード エグジビション ジャパン株式会社)で製品紹介する予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング