『標準化で成功事例を作るための取り組み』のパネルディスカッションのご案内

PR TIMES / 2013年3月6日 17時18分

東京工業大学大学院理工学研究科工学系(東京都目黒区 系長 岸本喜久雄)と一般財団法人日本規格協会(東京都港区 理事長 田中正躬、以下JSA)は、共同で、2013年3月27日に、『標準化で成功事例を作るための取り組み』を開催します。(聴講無料)



グローバル標準化は今や重要なビジネスツールになっています。標準化は企業活動の中ではごく一部の活動なので、異なる企業の標準化関係者が互いに協力できるような体制を作り、組織的に対応することで大きな効果を上げる方法について議論します。

最初から単独でも国際標準を狙うことが多い電気電子分野、国内での調整を取りながらオールジャパンで挑む鉄鋼分野、といったように、ともすれば分野ごとに相対する標準化体制。国が新たに設けた国際標準化のためのトップスタンダード制度の成果。これらの内容を基に、標準化の最前線で戦っている有識者、新たな制度を導入した経済産業省を交えて、成功事例を作るための標準化体制の在り方について語られ議論されます。

★パネルディスカッション概要★
『標準化で成功事例を作るための取り組み』
 日時:2013年3月27日(水) 15時00分~17時30分
 会場:東京工業大学大岡山キャンパス W631 教室(〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1)

 講演者(敬称略):
  鈴木晴光 経済産業省 情報電子標準化推進室
  市川芳明 日立製作所 地球環境戦略室
  大橋 守 日本鉄鋼連盟 標準化センター事務局
 モデレータ
  古谷之綱 東京工業大学


詳細・申込方法:以下URLをご参照ください。
http://www.eng.titech.ac.jp/news/hyoujun_0214.html?id=topics 
http://www.jsa.or.jp/aboutus/pdf/20130327.pdf


主催:国立大学法人東京工業大学大学院理工学研究科工学系(担当:鉄道の技術イノベーションと標準化(JR東日本)寄附講座)
一般財団法人日本規格協会(JSA)

■JSA(日本規格協会)について
  日本規格協会は、昭和20年12月に設立され、“工業標準化及び規格統一に関する普及並びに啓発等を図り、技術の向上、生産の能率化に貢献すること”を目的としております。当協会では、JIS原案の作成、JIS規格票の発行と普及、国際・海外規格の提供、研修事業、標準化に関する技術支援、ISO9000シリーズ及びISO14000シリーズなどの審査登録事業、マネジメントシステム審査員の評価登録事業、品質管理検定(QC検定)等の事業に取り組んでおります。
URL:http://www.jsa.or.jp/ 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング