日本e-Learning大賞、「MOOC(大規模公開オンライン講座)賞」を新設

PR TIMES / 2014年8月20日 13時8分

2014年11月12日(水)、eラーニングアワード2014フォーラム内で授与式



eラーニングアワードフォーラム実行委員会ならびにフジサンケイビジネスアイでは、eラーニングに関する
優秀な取り組みに対して日本e-Learning大賞を授与していますが11回目を迎える今年の応募で、日本でも
注目を集める“MOOC(Massive Open Online Course:大規模公開オンライン講座)”に関し、大学や企業に
おける取り組みやプロジェクト・システムに注目し、該当する応募には『MOOC賞』として表彰するこ
とと致しました。

MOOCは2012年よりアメリカを中心に始まった教育サービスの一つで、有名大学および有名教授らによる講義が
公開講座として無料でオンラインをつかって配信され、世界中で数千万人が受講しているといわれています。
日本でも2013年にMOOCを推進する団体として「日本オープンオンライン教育推進協議会 略称:JMOOC」
が発足し、MOOC運営組織の認定や、立ち上げ・運用面でのサポートが積極的に行われ、2014年4月より日本の
大学の講義が配信され始めました。また、大学単独で無料の公開講座としてオンラインを活用し配信を
行っている大学も存在します。

今回新設する『MOOC賞』は、「公開講座を無料かつオンラインを活用して配信」している応募を対象とし、
受賞した作品については広く告知することで、この分野の発展に寄与することを目的とします。

エントリー応募は8月31日まで、日本eラーニング大賞の以下の応募フォームより応募可能です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 大賞募集要項 応募フォーム
http://www.elearningawards.jp/e-learning.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■賞の授与(申請中)
eラーニング・オブ・ザ・イヤー、経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、総務大臣賞、厚生労働大臣賞、その他
各部門賞(EdTechスタートアップ賞、学習ログ活用・eポートフォリオ賞、タレントマネジメント賞等)が授与されます。

■受賞トロフィー、ロゴの付与
日本e-Learning大賞の受賞者にのみ付与するトロフィーとロゴをオフィスなどで掲示することによる
イメージアップとともに、受賞ロゴの、サイト・パンフレット等への使用により社会的な認知度UPにつながります。

■受賞発表イベント
eラーニングに特化した国内唯一の総合フォーラム
『eラーニングアワード 2014 フォーラム(2014年11月12~14日)』にて授賞式および受賞発表イベントを
開催いたします。のべ7000名超の来場者を見込む本フォーラムで受賞者プレゼンテーションの場を設けており、
PRの場として最大限ご活用いただけます。


【第11回 日本e-Learning大賞応募 に関するお問い合わせ先】
日本工業新聞社 営業・事業本部 『第11回 日本e-Learning大賞事務局』
TEL:03-3273-6180  e-mail:e-award@sankei.co.jp

【報道関係者からの問い合わせ先】
一般社団法人eラーニングアワードフォーラム運営事務局 濱田  
e-mail:info@elearningawards.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング