ザ・リッツ・カールトン沖縄 開業1周年記念スペシャルディナーのご案内

PR TIMES / 2013年5月28日 15時32分



 ザ・リッツ・カールトン沖縄(所在地:沖縄県名護市喜瀬1343-1 総支配人:吉江潤)は、おかげをもちま
して2013年5月28日に開業1周年を迎えました。その1周年を記念し、ザ・リッツ・カールトン大阪
イタリア料理“スプレンディード(SPLENDIDO)”よりシェフ、クリスチャン・フリーゴ(Christian Frigo)を迎えスペシャルディナーを開催いたしますのでご案内申し上げます。


 シェフクリスチャンが沖縄の食材からのインスピレーションで創造したメニュー、そして当ホテルの
エグゼクティブシェフアレッシオ・コルダ(Alessio Corda)とのコラボレーションをお楽しみください。

 開業1周年記念スペシャルディナーの詳細は次のとおりです。


【開業1周年記念スペシャルディナー】
  開催日 : 2013年6月28日(金)および6月29日(土)
  時 間 : 17:30~22:00(ラストオーダー)
  会 場 : イタリアンレストラン“ちゅらぬうじ”(3階ロビーフロア)
       *ご予約は、代表(0980-43-5555)まで。
  料 金 : 6月28日(金)22,000円(税金、サービス料込み)
        6月29日(土)24,000円(税金、サービス料込み)


メニュー
6月28日(金)
・主に沖縄の食材を使った、シェフクリスチャンによるの料理をお楽しみください。


UnaCena con Christian
一夜限りシェフクリスチャンのディナー


Marinated fish Carpaccio, salad and sesame dressing
鮮魚のカルパッチョ、ゴマドレッシング

Deep fried buffalo mozzarella ravioli, green pea cream
水牛モッツレラのラビオリフリットグリーンピースのソース

Pan seared Japanese tuna, basil marinated watermelon, organic rucola, and spring sprouts
マグロのソテースイカとバジリコのマリネとルッコラ

Scallop cream and truffle
帆立とトリュフのスープ

Black cod fish tortelloni, baby broccoli, cherry tomatoes, clams and Mullet roe
銀だらのトルテリーニブロッコリー、トマト、アサリとカラスミ

Pan fried Akajinmibai, crispy prawns, oil crushed potatoes, Taggiasca olives, summer cresson
赤仁ミーバイと車海老のソテーポテトとタジャスカオリーブ、クレソンとバルサミコのサラダ

Vanilla and lime sherbet
ライムとバニラのシャーベット

Bread crusted Australian lamb loin, mint, eggplant caponata, rosemary honey sauce
仔羊のパネ茄子とミントのカポナータ、ローズマリーと蜂蜜のソース

White chocolate and lime semifreddo, seasonal citrus salad
ホワイトチョコレートのセミフレットライム、グレープフルーツのサラダ

22,000円(税金、サービス料込み)


6月29日(土)
・2人のシェフのコラボレーションと同時に、北イタリアと南イタリアの味の融合をお楽しみください。


CenaSpeciale a Quattro Mani
2人のシェフのコラボレーション


Ventresca di tonno candida all olio, acqua di pomodoro, erbearomatiche
マグロのトロのコンフィフルーツトマトのジュレ

Fritto di verdure stagionali, semolina, salsinaalleacciughelocali
旬野菜のフリット

Crema di Cavolfiore, burro nocciola, caviale e gambero locale grigliato
カリフラワーのスープキャビアと車海老

Homemade buffalo mozzarella tortelli, tomatoes, lobster, Parma ham, basil powder
水牛モッツアレラのトルテリーニトマト、伊勢海老、生ハム、バジリコパウダー

Akajinmibaiallapiatra, crema di ricci, fagiolini di soya e limone.
赤仁ミーバイのソテー雲丹のクリームソースと枝豆

Veal tenderloin sous vide, foiegras al tartufo, spuma di patate, Salsa al Porto.
仔牛のポッシェフォアグラ、トリュフ、ポテトのエスプーマポートワインのソース

Mousse al caprino con fragole al mostocottopugliese
Goat cheese mousse, strawberries, “Mostocotto”
ヤギチーズのムース苺とモストコット

Cremoso al Gianduia, pistachio, sorbetto all aranciarossa
Gianduia, pistachio ganache, blood orange sorbet
ヘーゼルナッツとチョコレートのガナッシュ
ピスタチオとブラットオレンジのシャーベット

24,000円(税金、サービス料込み)


 「ザ・リッツ・カールトン沖縄」は、琉球のシンボルとなっている“首里城”の赤瓦と白い城壁、また古来
より“聖地”とされ崇められてきた水の湧き出る場所をモチーフとしています。琉球でいう城とは、訪れる
人を温かく迎え入れる場所を指し、「城(グスク)」と呼ばれます。古くより礼を重んじ礼を守ってきた琉球の人々が大切にしてきたおもてなしの心「迎恩(ケイオン)」の精神を具現化した「城(グスク)」で、お客様をお迎えいたします。


 今後も、ザ・リッツ・カールトン沖縄は、琉球時代から継承されるおもてなしの心と、「リッツ・カールトン」ブランドの伝統的なサービスで、心から安らげる至福の時間をご提供いたします。


ザ・リッツ・カールトン大阪 シェフ・ド・キュイジーヌ

Christian Frigo(クリスチャン フリーゴ) 略歴


1977年3月 イタリア北西部 ヴェネト州生まれ

1994年  クッキングスクール卒業

1996年  ホテルマネージメント卒業

1999年   「ラ・バイテイナホテル」入社
       イタリアンレストランでスーシェフ

2000年   「ホテルガルテン」入社
       エグゼクティブ・スーシェフ

2003年   「デュ トーリホテル」入社
       総料理長として勤務

2005年   「インターコンチネンタルホテル マスカット」入社
       トマトレストランでイタリ料理総料理長に就任

2007年   「ル ロイヤル メイディアン上海」入社
「ファボーラ」にシェフとして勤務

2009年   「ザ・リッツ・カールトン バーレンホテル&スパ」入社
  「プリマベーラ」にシェフとして勤務

2011年  「ザ・リッツ・カールトン三亜(サンア、中国・海南島)」入社
  「ソフィア」にシェフとして勤務

2012年  「ザ・リッツ・カールトン大阪」入社
  「スプレンディード」にシェフとして勤務

      現在に至る 


ザ・リッツ・カールトン沖縄 総料理長
Alessio Corda (アレッシオ コルダ) 略歴


1978年5月 イタリア サルディニア生まれ

1997年   クッキングスクール Sassari(サルディニア)卒業
      
1998年  「Hotel Savoy London」(ホテル サボイ ロンドン)に入社
       ポタージュ部門担当 

1999年   ミシュラン3つ星レストラン「Chez-Nico(シェ‐ニコ) ロンドン」入社
       魚、肉部門を担当

2001年   「ザ・リッツ・カールトン・バルセロナ」入社
       魚、肉部門を担当

2002年   Sakuraya、Barcelona (さくらやレストラン、バルセロナ)入社
       寿司、刺身調理を担当     

2003年  「ザ・リッツ・カールトン・バルセロナ」入社
       レストラン エノテカ ボンバキでスーシェフとして勤務 

2005年   スペイン、バルセロナの「さくらやレストラン」および「いちょうレストラン」で
      スーシェフとして勤務。地中海料理と日本食のコラボレーションメニューを創作    

2007年   Sybelle M/Y 44M (プライベートクルーズ船)にシェフとして乗船

2010年   ザ・リッツ・カールトンドーハ入社
      イタリアンレストラン「ポルチーニ」シェフ

2011年   ザ・リッツ・カールトン大阪入社
      「スプレンディード」にシェフとして勤務

2012年   ザ・リッツ・カールトン沖縄 総料理長に就任

      現在に至る 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング