日本紙パルプ商事がDell PowerConnect Wシリーズ導入でモバイル環境を拡大、BYODにも対応

PR TIMES / 2013年7月31日 11時43分

~柔軟な社内リソースへのアクセスで、迅速な意思決定と生産性向上を実現~

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:郡 信一郎、以下、デル)は、日本紙パルプ商事株式会社(所在地:東京都中央区、以下、日本紙パルプ商事)が、ネットワークソリューション Dell PowerConnect Wシリーズを採用して、無線LAN環境の本格的な導入により、モバイル環境を拡大し、BYOD(個人所有デバイスの業務利用)に対応した事例を発表しました。セキュリティを担保しつつ利便性と運用管理性の高い無線LAN環境を構築したことで、業務の場所にかかわらず社内リソースへのアクセスが可能となり、迅速な意思決定と社員の生産性向上を実現します。

日本紙パルプ商事は、1845年、京都において和紙商、越三商店として創業、以来、紙・板紙の流通を開拓するとともに時代のニーズに呼応してビジネスを拡大させてきました。近年は、基幹事業である紙・板紙販売事業だけでなく、世界の社会・経済システムの変化をとらえ、グローバル化、環境関連事業の展開など、積極的な事業の拡大を推進しています。そのためにもITを活用した業務効率の改善、生産性向上に積極的に取り組んできました。

同社は、マネジメント層の出張や外出が多く、外から稟議書や決裁などの処理を即座に行いたいというニーズがありました。また営業担当者からも外出先から社内リソースにアクセスして、社内と同様に業務を行える環境構築を求められていました。業務のモバイル化をさらに推進するために、同社は2012年10月の本社オフィス移転を機に、無線LAN環境を本格的に導入にすることとなりました。モバイル環境の拡大にあたってはセキュリティの確保が必須であり、また運用管理が容易でコストパフォーマンスの高い無線LAN環境が求められていました。

無線LAN環境の構築にあたり、多彩な管理機能と豊富な導入実績が評価され、「Dell PowerConnect Wシリーズ」が採用されました。無線コントローラとして「Dell PowerConnect W-3400」が1台、アクセスポイントである「Dell PowerConnect W-AP105」が各フロアに3から4台、合計42台設置されました。「Dell PowerConnect Wシリーズ」は、実際にデータを受信するアクセスポイントに加え、あらゆる処理を一元的に実行する「モビリティ・コントローラ」の主に2種類のコンポーネントによって構成されています。アクセスポイントは受信したフレームをモビリティ・コントローラへ転送し、そこでの認証や通信制御、アクセス管理といったすべての処理を一元的に実施します。そのため、アクセス制御の徹底と無線LANネットワークの統合管理が実現でき、セキュリティを担保しています。
また、同社は「Dell PowerConnect Wシリーズ AirWaveソフトウェア管理スイート」も併せて利用し、リモート管理により運用負荷を抑制しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング