阪神タイガースの選手や阪神OBが実名で登場するスマートフォン向けアプリ「JoshinGAME阪神タイガースホームランバトル」 をリリース

PR TIMES / 2013年3月22日 16時32分

~実店舗への効果的な誘導を実現するO2Oソリューション~

株式会社インタラクティブブレインズ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 新妻 桂)は、関西圏を中心に大型家電量販店を全国展開する上新電機株式会社(本社:大阪市浪速区 取締役社長 中嶋 克彦)のスマートフォン向けアプリ「JoshinGAME阪神タイガースホームランバトル」を公開しました。当社は、これからも顧客の実店舗への効果的な誘導を実現するO2Oソリューションを加速させていきます。



■「JoshinGAME 阪神タイガースホームランバトル」の概要

「JoshinGAME阪神タイガースホームランバトル」は、ジョーシン店舗や同社のECサイトで買い物に使えるJoshinポイントを貯めたり、本格3Dホームランバトルなどが楽しめるAndroidおよびiOS向けのアプリです。企画・開発を行ったインタラクティブブレインズ、配信を担当する株式会社エムティーアイ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 前多 俊宏)、そして上新電機株式会社の3社による協同プロジェクトであり、アプリは無料でダウンロードしてご利用いただけます。


■「JoshinGAME 阪神タイガースホームランバトル」の特長

特徴1:アプリを利用してJoshinポイントを獲得
ジョーシン店舗を実際に訪れて店内に掲示しているQRコードを撮影したり、本アプリ内で紹介している他のアプリやサービスを利用することで、アプリ内通貨である“Joshinコイン”を獲得することができます。JoshinコインはJoshinポイントに交換して(※1、※2)買い物時の割引きに使えるため、ジョーシン店舗に行くほど(※3)、あるいはアプリやサービスを使うほど、多くのポイントを獲得してお得に買い物できる仕組みとなっています。

特徴2:阪神タイガースの選手が実名・実写で登場
今回、株式会社阪神タイガース並びに阪神タイガースOBと、インタラクティブブレインズが直接契約し、実名・実写でカードとして登場するのも大きな特徴です。Joshinコインを消費して選手カードガチャを回し、選手カードをセレクトしてホームランバトルにチャレンジ。選手カードによってバッティング能力が異なるなどゲームバランスにもこだわっており、臨場感あふれるゲームを簡単なタッチ操作で爽快にお楽しみいただけます。(※4)。

特徴3:確度の高い顧客誘導が可能
阪神タイガースという魅力あるコンテンツを題材にしただけでなく、同球団の動向や試合結果などがわかるプロ野球ニュースも配信することにより、絞り込んだターゲットに対してジョーシン店舗へのより確度の高い顧客誘導を図ります。さらに、上新電機のお得なキャンペーン情報も提供することで、さらなる購買意欲の向上にもつなげることが可能と見ております。
※1 交換後のポイントが残高に反映されるまで1~2日間ほどかかります
※2 交換は100ポイント単位となります
※3 来店によるJoshinコインの獲得は1カ月間に4回までです
※4 ホームランバトルでJoshinコインを増やすことはできません

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング