en world Japan ファイナンス部門、サプライチェーン部門にて最優秀人材紹介会社を受賞

PR TIMES / 2014年11月27日 17時50分

2014年11月21日に英国に本拠地を置く人材ビジネスに関するメディア会社「リクルートインターナショナル(Recruitment International)」が主催する「ザ・リクルートメントインターナショナルアジア授賞式2014年」において、en world Japan(本社:東京都中央区、代表取締役クレイグ・サフィン)はファイナンス部門とサプライチェーン部門において最も優秀な人材紹介会社を選出するFinance & Accountancy Recruitment Company of the Year並びにThe Supply Chain Recruitment Company of the Yearを受賞いたしました。


今回の受賞は両部門の過去実績からのビジネスの成長率、市場の認知度、部門体制等の総合的判断により選出されたものです。さらに人材紹介会社としての会社規模や福利厚生、入社後のキャリアパス、他社との差別化等も受賞の評価項目として判断されました。

授賞式に参加したエグゼクティブヴァイスプレジデントのニール・ウォルターズは次のように述べています。「人材紹介会社のビジネスモデルとして一つのユニットでサーチからご紹介まで全てを完結させる傾向がありますが、当社の方針として如何なる案件、人材であっても全てのビジネスユニットが目を通すプロセスを取っております。これは労力を要するプロセスですが、その分、きめ細やかなサービスを提供する事が可能となり、これが当社の確固たるポジショニングを築いている要因であり、今回、受賞できた理由だと思います」。

また、同様に授賞式に参加したマーケティングディレクターの藤岡秀剛は次のように述べています。「当社はここ数年で大きく成長を遂げて参りました。この成功の要因は我々のお客様に対して真摯に向き合うのと同様に、海外に広がるen worldブランドの拠点も含め、各メンバーに敬意を持って接し、戦略策定、情報共有を通じて各々が責任を持つことで組織としてサービスを提供できた事だと思っております。この栄えある受賞はチームワークで勝ち取ったものです」。

今後もen world Japanは、多国籍企業のニーズに応えた人材サービスを提供してまいります。

Recruitment Internationalについて
『リクルートメントインターナショナル(Recruitment International)』は、イギリス、オーストラリア、シンガポールに拠点をおき、グローバルに向けた人材業界情報を提供しています。今年のアジアウォード式典は、開催が初めてとなった日本のほかに、シンガポール、香港で行われ、各国の受賞企業が選定されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング