職場の地震対策、パワハラ、ソーシャルメディアのリスク……社員教育ニーズに応え、企業研修DVD『早わかりシリーズ 新・危機管理編』を発刊

PR TIMES / 2012年8月9日 15時10分



企業・団体を対象とした研修事業・教材開発を手がける株式会社PHP研究所(本社:京都市南区 http://www.php.co.jp/ )では、2012年8月、社員教育用DVDビデオ『早わかりシリーズ 新・危機管理編』(全3巻)をリリースいたしました。

◆高まる危機管理/コンプライアンス教育のニーズ
近年、製品事故やクレーム隠し、個人情報漏洩、セクハラなどの不祥事が原因で、企業が思わぬ危機に直面し、信用失墜と業績悪化を招く事例が発生しています。すでに多くの企業では、危機管理のための対応組織を設置し、コンプライアンス・プログラムを策定するなど、さまざまな対策がとられていますが、そうした中、「社員の危機管理教育をどう進めていくか」は大きな課題となってきています。

◆危機管理/コンプライアンス教材の利用実績は3,000社超
PHP研究所では、これまで危機管理/コンプライアンスに関する通信教育や小冊子(テキスト)、DVDビデオなどの研修教材を多数発刊し、すでに業種・規模を問わず、3,000社以上の企業にご利用いただいております。しかし昨今では、経営環境の変化とともに“新たなリスク”が登場し、危機管理教育のニーズは多様化しています。そうした企業の声にお応えして発刊したのが、この度の社員教育用DVD『早わかりシリーズ 新・危機管理編』です。

◆人事担当者が講師となって社内で効果的な研修会を実施
本DVD教材では、「地震対策」「パワハラ防止」「ソーシャルメディア活用」という3つのテーマをとりあげました。それぞれのテーマで全社員を対象に集合研修を実施し、リスクに対する共通認識を醸成しようというものです。
・「オフィスで地震が発生したら?」
・「どのような行為がパワハラにあたるのか?」
・「ソーシャルメディアはどのように炎上するのか」
など、具体的なケースドラマをもりこみ、問題意識を喚起。ポイントをおさえた解説をあわせて収録しておりますので、人事担当者が講師となって社内で効果的な研修会を短時間で実施できる構成となっております。


……………………………………………………………………………………………


<本シリーズの主な収録内容>

■『これだけは知っておきたい「私たちの地震対策」』
・地震の種類と発生リスク(海溝型地震と内陸型地震/倒壊・火災・津波)
・地震発生!そのときどうする(オフィス/エレベータ/徒歩/車中/地下街)
・揺れが収まったら(避難経路の確保/広域避難場所/連絡手段/帰宅困難)
・事前の地震対策チェック
※監修:東京海上日動リスクコンサルティング(株)

■『これだけは知っておきたい「パワーハラスメント」』
・パワーハラスメントとは何か(いじめ・嫌がらせの増加/定義とリスク/起こりやすい職場)
・職場で起こるパワーハラスメントのパターン(暴行・傷害/脅迫・暴言/隔離・仲間外れ・無視 ほか)
・パワーハラスメントを職場からなくすために(適切な業務指導になっているか/パワハラを受けないために ほか)
※監修:水谷英夫(弁護士)

■『これだけは知っておきたい「ソーシャルメディアのリスク」』
・ソーシャルメディア その可能性とリスク(ソーシャルメディアの種類/積極活用する企業/炎上事例/なぜ炎上が起きるのか)
・ソーシャルメディア炎上FILE(やらせ・自作自演/不誠実な対応/コンプライアンス違反/社員の失言・悪ノリ)
・ソーシャルメディア リスク対策のポイント(炎上させないために/炎上してしまった際の対処)
※監修:田淵義朗(ソーシャルメディアリスク研究所代表)


<仕様・価格>
■DVD全3枚(各20~25分)
■セット特別価格84,000円(税込)
※巻別購入の場合は各巻29,400円(税込)
※ダイジェスト版URL: http://www.youtube.com/v/zizsT3wrZFs (YOUTUBE)


……………………………………………………………………………………………


詳細につきましては、下記URLをご覧ください。

新作DVD:社員教育DVD『早わかりシリーズ 新・危機管理編』
  http://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=L1-1-059

前作DVD:『早わかりシリーズ 危機管理編』(コンプライアンス、個人情報、セクハラ)
  http://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=A1-2-026

※本DVD教材の全編の試写をご希望の報道関係者、企業の人事教育担当者のかたは下記までお問合せください。

【本件に対するお問合せ】

★報道関係の方
株式会社PHP研究所 広報宣伝部
TEL 03-3239-6229 Mail prinfo@php.co.jp

★企業・団体の人事教育担当の方
株式会社PHP研究所 人材開発推進部
TEL 075-681-5419 Mail TSUHAN@php.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング