タッチパネルを使って楽曲ミックスが可能なDJミキサー「DJM-2000nexus」を新発売

PR TIMES / 2012年11月15日 19時21分



【商品名】 DJミキサー

【型番】 DJM-2000nexus

【希望小売価格】 オープン価格

【発売時期】 11月下旬


【商品説明YouTube動画】
http://www.youtube.com/watch?v=R6UDAaHNQu8


【企画意図】
 近年、DJ/クラブ市場では、楽曲をミックスしてつないでいくだけではなく、エフェクターによる音の加工やマルチトラックプレイ※1をリアルタイムに行い、即興で楽曲をアレンジするDJスタイルが増えています。
 このような環境のなかパイオニアは、クラブの常設機材として優れた操作性や多彩なパフォーマンスを実現する各種機能が好評のハイエンドモデル「DJM-2000」(2010年6月発売)をリニューアルし、タッチパネルを使って新しい楽曲アレンジができるプロDJ/クラブ向けパフォーマンスDJミキサー「DJM-2000nexus」を発売します。  
 本機は「DJM-2000」のレイアウトや機能を踏襲し、楽曲のフレーズを切り出してリアルタイムにアレンジを行える「BEAT SLICE」機能や、接続したプレーヤーで再生する楽曲のビートを一括でコントロールできる「SYNC MASTER」機能を新たに搭載しました。これにより、「CDJ-2000nexus」(2012年9月発売)をはじめとする当社製マルチプレーヤー※2との“PRO DJ LINK”が強化され、より正確で幅広い楽曲アレンジを行うことができます。また、クラブ常設機材として求められる、チャンネルフェーダーの耐久性や音質も向上させています。

【DJM-2000nexusの主な特長】
1) DJプレイの幅を広げる“PRO DJ LINK”に新たな機能を搭載
 当社製マルチプレーヤー※2とDJミキサーをLANケーブルで接続する “PRO DJ LINK”に、DJプレイの幅を広げる新たな機能を追加しました。

1. タッチパネルを使って新しい楽曲フレーズを作り出せる「BEAT SLICE」機能
 ミキサーに入力された楽曲フレーズをサンプリングし、瞬時にビートアレンジを加えて新たなフレーズを作り出すことができます。当社製マルチプレーヤー※2と接続することで楽曲のビートを崩すことなく正確な楽曲アレンジを実現します。サンプリングしたフレーズはビート単位で自動的に分割されるため、分割された音を自在に並べ替えてビートを再構築することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング