“自転車のロードサービス”、遂に登場!

PR TIMES / 2013年8月28日 12時37分

自転車保険のau損保より、保険商品付帯サービス「自転車ロードサービス」遂に登場!



au損害保険株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:島田 信之、以下:au損保)は、『 あ・う・て 「じてんしゃ Bycle」 』(2013年10月1日以降補償開始日のご契約より提供開始)の
発売に合わせ、その付帯サービスとして「自転車ロードサービス」の提供を開始いたします。

「自転車ロードサービス」は『 あ・う・て 「じてんしゃ Bycle」 』を始め、対象となる契約プランにご加入いただいている方の自転車を24時間365日サポートするもので、トラブルにより走行不能となった自転車の搬送を請け負う画期的なサービスです。

自転車でお出かけになった際に、思わぬ故障等で動かなくなってしまった「愛車」。昨今のロードバイクブームや電動アシスト自転車の普及に伴い、身近なトラブルへの不安を感じるお客さまの声をカタチにし、「あんしん、うれしい、ていねい」なサービス提供を開始いたします。


【サービス概要】
・自転車が故障した際に最大20km(※契約プランによる)までご指定の場所に無料で搬送します。
※ ご自宅から半径2km内は対象外。
・電動アシスト自転車のバッテリー切れも対象なので、電動自転車に乗る方にも安心。
・2013年10月1日から全国(※)で開始!
  ※ 2013年7月末現在40都道府県。提供地域は順次拡大中。
・専用お問合せデスクの設置で、対応も安心。


本サービスの詳細につきましては9月1日以降、当社ホームページにてご確認いただけます。
http://www.au-sonpo.co.jp/

au損保は、今後もお客さまの生活に密着した新しい保険サービスを次々とご提供することで、
お客さまのライフスタイルを支援し、より身近な保険会社となることを目指します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング