デロイト、アジア太平洋地域のビジネス系学生が選ぶ人気就職先に

PR TIMES / 2014年7月28日 11時16分

ユニバーサムのランキングでアジア太平洋地域「最も魅力的な企業 2014」ビジネス部門第2位

ユニバーサムのアジア太平洋地域における「最も魅力的な企業2014」によると、デロイトは、アジア太平洋地域のビジネス系学生を対象とした就職先人気ランキングで、グーグルに次いで2位になりました。2013年の5位から順位を3つ上げ、プロフェッショナルサービスファームの中では依然首位を維持しています。



調査は、2013年10月から2014年5月まで、オーストラリア、中国、香港、インドネシア、インド、日本、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナムといったアジア太平洋地域の学生8万7,000人以上を対象に行われました。調査項目は、キャリア形成の原動力、学生の目標、望ましい企業の特徴、就職先を探すうえで最もよく使うコミュニケーションチャネルで、結果はGDP(国内総生産)で加重しています。ランキングの詳細は下記ページをご覧ください。
http://universumglobal.com/ideal-employer-rankings/regional-results/apacs-most-attractive-employers-2014/

この結果を受け、デロイト アジア太平洋地域 CEO チャリー・マーは次のように述べています。「デロイトが今年のユニバーサムのランキングで、アジア太平洋地域における最も理想的な企業の2位に選ばれたことは大変喜ばしく、誇りに思います。この栄誉は、私たちメンバーの潜在能力を十二分に開花させるための環境整備に取り組んできた結果であり、そのために優れた実績と革新的な企業文化を育み、メンバーそれぞれが独自の体験を得られるようにと努めてきました。私たちの名声を高めるのに貢献してくれたメンバー全員とこの喜びを分かち合うとともに、地域の最も有能な人材から選ばれる企業であり続けられるよう、これからも取り組んでいきます」。


<本件に関する問い合わせ>
有限責任監査法人トーマツ コーポレートコミュニケーション 新井香織
Tel: 03-6720-8090
Email:press-release@tohmatsu.co.jp
Web: http://www.tohmatsu.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング