GDO会員調査Vol.1。社会人の間で、根強いゴルフ人気。 回答者の81%が、ゴルフが業務で役立った経験ありと回答。

PR TIMES / 2013年4月23日 12時32分

~ゴルフは仕事以外の話題を作るコミュニケーションツール~



インターネットでゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を展開する株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石坂信也、以下GDO)は、社会人ゴルファーと仕事に関する意識調査を実施しました。
今回の調査は、2013年3月5日~3月13日までの8日間に、GDO会員の中から、一部メールマガジン登録者(配信数:55万通)が対象となります。

今回、4月から始まる新生活・新年度に合わせ、ゴルフと仕事との関係性をテーマに調査を行いました。
以前は、ゴルフが仕事の一部かのように認知されていた時期もありましたが、昔ながらの接待ゴルフや不況をきっかけとした若者のゴルフ離れが目立つ様になった現在、ゴルフは果たしてどのようなイメージを持たれているのか? GDOの会員向けに調査を行いました。
GDOは、今後会員向けに定期的に調査を実施し、調査結果を発信していきます。

【調査結果サマリー】
● ゴルフが仕事で役立ったと、全体の81%が回答
● ゴルフは仕事を円滑に進めるコミュニケーションツールとして有効である
● 社内のコミュニケーションツールとして役に立ったという回答が、平均で54%を記録
● 後輩とゴルフに行きたがる先輩は78%、先輩とゴルフに行きたがる後輩は66%
● 出世をするためには、20代からゴルフを始める事が望ましい

■ゴルフは社内外のコミュニケーションに役立ったと、全体の81%が回答
Q:ゴルフが、業務の中で役に立った経験はありますか?(図1参照)

調査データの中では回答者の81% が、ゴルフが業務の中で役に立ったと回答しました。

この回答は、ゴルフが社内外において仕事を円滑に進めるためのツールとして、まだまだ大きい力を持っていることをうかがい知ることができるものになりました。

■ 社内のコミュニケーションツールとして、ゴルフが活用されているケースが多い
・社内外、どちらで役立っているかを集計したところ、社内でのコミュニケーションツールとして、ゴルフが役立ったという回答が目立つ結果となりました。特に50代以上では63%、20代後半では71%の回答者が社内でのコミュニケーションに役立ったと回答しており、世代間のギャップを埋めるツールとして、
ゴルフが有効であることを示す結果となりました。
Q:社内外、どのようなシチュエーションでゴルフが役に立ちましたか?(図2参照)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング