ジョンソンコントロールズ、ビルのエネルギーデータを“見える化”するアプリケーションを最新クラウド型アプリケーションに大幅リニューアル!

PR TIMES / 2014年6月2日 14時58分

~直観的な操作でエネルギーの無駄・ムラの早期発見を可能にする「EneWorks」を発売~

ジョンソンコントロールズ株式会社 ビルディングシステムズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:マーク・カトラー)は、エネルギーを“見える化”し、使用量の無駄・ムラを早期発見することで、ビルのライフサイクルコストの最適化に貢献する新しいクラウド型アプリケーション「EneWorks」の販売を本日より開始いたします。

エネルギー解析支援アプリケーション「EneWorks」
「EneWorks」はエネルギー解析支援アプリケーションで、ビルのエネルギー使用量、各種温度、効率、運転時間などのデータをわかりやすく見える化し、把握、解析することで、省エネ活動を支援し、ライフサイクルコストの最適化に貢献します。

このたび、ユーザーインターフェースを劇的に改善、最新技術を駆使した多くの新機能を搭載したクラウド型アプリケーションとして、大幅にリニューアルいたしました。UX(User Experience)を重視したよりシンプルで使いやすいインターフェースは、タッチパネル感覚で直感的な操作が可能。クラウド型のアプリケーションなので、インターネット環境があれば、モバイル端末などからいつでもどこでも、プロフェッショナルなエネルギー使用量の管理・解析ができ、日々のエネルギー管理業務を強力にサポートします。

<主な特長と機能>
■ 最新技術を駆使したクラウド型アプリケーションで、いつでもどこでもプロフェッショナルなエネルギー使用量の管理が可能に。

・「EneWorks」はSaaS(Software as a Service)型アプリケーションで、インターネット環境下であれば、タブレットやPCからいつでもどこでもアクセスが可能です。
・複数ユーザーのアクセスが可能です。
・複数棟の建物データを一元化し、比較を容易にすることで改善アクション立案をサポートします。
・ジョンソンコントロールズのMETASYS(R)ビル管理システムとの併用で、集中化されたネットワークシステムを構築します。
・24 時間365 日遠隔監視を可能にするROC(リモート・オペレーション・センター)のクラウドサービスアプリケーションとして利用いただくことで、BEMS(ビルエネルギー管理システム)の導入が難しい中小規模のビルでも手ごろな価格でエネルギー管理・解析が可能になります。
・ユーザー同士、またはユーザーと当社のエキスパートをつなぐコミュニティサイト「コネクテッド・コミュニティ」に接続すれば、建物管理のビッグデータを構築でき、専門知識や他社の管理ノウハウを共有することも可能になります。
・利用者の希望に応じて、オンプレミス(自社運用)型アプリケーションの提供も可能です。
※Webベースアプリケーションのため、監視室以外からでもMETASYS(R)ネットワークにアクセスできれば、その場でエネルギー解析が可能となります。

■ UXを重視したデザインとエネルギー解析指針を満たす解析テンプレートを多数装備し、膨大なデータを容易に管理・解析。無駄・ムラを早期発見し、ビルのライフサイクルコストを最適化します。

・当社オートモーティブシステムズ部門のデザインノウハウを活用した洗練されたデザインで、タブレット端末を意識した直感的な操作性とユーザービリティを実現しました。
・よく利用するグラフの自動表示やブックマーク、その後のPDFレポート出力など、ストーリー性のあるエネルギー解析を実現します。
・シンプルなユーザーインターフェースは、より直感的な操作が可能で、以下の機能があります。
- 新たに積層比較グラフ、ヒストグラムを装備し、高解析ニーズにも対応。各種法令に対応した報告資料に展開可能なグラフを容易に作成でき、資料作成を効率化します。
- BEMS解析指針テンプレートや、国土交通省、空気調和・衛生工学会推奨解析テンプレートなど、100種類以上のテンプレートを装備。エキスパートでなくても容易に解析できます。
-警報・警告グラフへのアクセスを容易にし、無駄・ムラを早期発見。メンテナンスコストの適正化をサポートします。

ジョンソンコントロールズはビル管理の世界的リーダーとして125年以上、快適で生産性の高いビル環境を構築するためのソリューションを提供してまいりました。日本のお客様のニーズにお応えするため、様々なグラフテンプレートを装備し大幅に改変されたエネルギー管理ツール「EneWorks」の導入により、継続的なデータ解析をお手伝いするとともに、今後もさらに革新的なソリューションを提供してまいります。

■システム販売価格  クラウド型 : 月額2万円~   オンプレミス型 : 450万円~

■販売スケジュール  2014年6月2日より販売開始

商標について
・METASYS(R)は、米国ジョンソンコントロールズ社(JCI)の米国またはその他の諸国における登録商標です。
・その他、本資料に記載の社名および商品は、各社の登録商標として利用されている場合があります。

METASYS(R) ビル管理システムシリーズ
METASYS(R)は、ビル施設のあらゆる機器や空調、照明、防犯、防災などのシステムを統合し、一括管理が可能なビル管理システムです。
発売以来20年以上にわたり進化を続けてきたMETASYS(R)は、世界10万ヵ所以上の施設に導入され、お客様から高い評価と信頼を得てきました。


米国ジョンソンコントロールズ インクについて
ジョンソンコントロールズは、世界150ヵ国以上のお客様に多様なテクノロジーを提供する、業界トップクラスのグローバル企業です。17万人の従業員が、ビルのエネルギー効率や運用効率を最適化する質の高い製品、サービス、ソリューションをはじめ、自動車用鉛酸バッテリーおよびハイブリッド車・電気自動車用先進バッテリー、自動車用内装システムの開発に取り組んでいます。ジョンソンコントロールズのサスティナビリティへの取り組みは、創業のきっかけとなった初の電気式室内サーモスタットが発明された1885年にまで遡ります。成長戦略とマーケットシェアの拡大によって、ジョンソンコントロールズは、株主への価値の提供と、顧客の成功の支援に取り組んでいます。また、2014年にコーポレート・レスポンシビリティ誌(Corporate Responsibility Magazine)の「企業市民100社」で、当社は第12位に選定されました。詳細は http://www.johnsoncontrols.comをご覧ください。

ジョンソンコントロールズ株式会社 ビルディングシステムズについて
ジョンソンコントロールズ株式会社 ビルディングシステムズは、米国ジョンソンコントロールズ インク(Johnson Controls, Inc.)の日本法人(本社: 東京都渋谷区、 代表取締役社長: マーク・カトラー/ Mark Cutler)です。空調制御用機器、ビル管理システム、自動制御機器、産業・舶用冷凍機器および装置、およびセキュリティシステム全般の設計、製造、販売、施工、サービス、エネルギーソリューション、ならびに統合ファシリティマネジメント事業を提供しています。
国内での導入業種はオフィスビル、商業施設、医療機関、教育機関、スポーツ施設、交通機関など多岐にわたり、数多くのランドマーク的存在の建物における施工実績があります。1971年6月設立。国内45事業拠点。詳細は http://www.johnsoncontrols.co.jp/be をご覧ください。


≪報道関係の方々からのお問い合わせ先≫
ジョンソンコントロールズ株式会社
ビルディングシステムズ 広報グループ 村井(むらい)、平野(ひらの)
TEL: 03-5738-6054  FAX: 03-5738-6508 mailto:jp.pr@jci.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング