【調味料に関するアンケート調査】よく使用する調味料は「塩」「醤油」「胡椒」が上位3位。「ソース」「ケチャップ」「酢」は、家に置いている人は8割を超えるが、使用頻度は低め

PR TIMES / 2013年9月10日 9時41分

■調味料に対するこだわりがある人は3割強、こだわりがない人は4割弱。女性、特に年代が高いほどこだわりがある人が多い傾向

■よく使用する調味料上位3位は「塩」「しょうゆ」「こしょう」。「砂糖」「味噌」が6割弱、「マヨネーズ」「みりん」「めんつゆ」「だしの素、液体だし(和風)」「料理酒」などが続く。「ソース」「ケチャップ」「酢」などは、家にある調味料よりも順位を下げている



マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『調味料』に関してインターネット調査を実施し、2013年8月1日~5日に10,046件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18105/

◆料理をする頻度、味付けで気をつけていること
 料理を「ほぼ毎日」する人は全体の39.0%です。男性20代以上では1割前後ですが、女性30代では6割、女性40代以上では7~8割を占めます。

 料理をする人に味付けで気をつけていることを聞いたところ、「薄味にする」「素材の味をなるべく生かす」が上位で、女性50代以上で比率が高くなっています。「しっかり味付けをする」は男性や若年層で多い傾向です。また、九州では「同じ調味料でも、用途によって種類を使い分ける(薄口・濃い口など)」がやや多くなっています。


◆調味料へのこだわり
 調味料に対して、こだわりがある人は31.2%、こだわりがない人は39.7%となっています。女性、特に年代が高いほどこだわりがある人が多い傾向です。こだわりがある調味料がある人は半数強で、「しょうゆ」「塩」「味噌」が上位3位にあがっています。これらは女性50代以上で比率が高くなっています。「しょうゆ」は九州、「ぽん酢」は近畿でやや多くなっています。


◆自宅にある調味料、よく使用する調味料
 自宅にある調味料は「塩」「しょうゆ」「こしょう」「砂糖」「味噌」「マヨネーズ」「ソース」などさまざまで、上位11項目は8割を超えます。「塩麹」は女性40代以上で多くなっています。

 よく使用する調味料は「塩」「しょうゆ」「こしょう」が上位3位で、各7~8割です。「砂糖」「味噌」が6割弱、「マヨネーズ」「みりん」「めんつゆ」「だしの素、液体だし(和風)」「料理酒」が各4~5割で続きます。「ソース」「ケチャップ」「酢」は、自宅にある調味料より順位を下げており、家にあっても使う頻度が他の調味料ほど高くないということがうかがえます。北海道・東北では「めんつゆ」が他の地域よりやや多くなっています。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング