「便秘に関する調査」

PR TIMES / 2013年10月23日 14時18分



---------------------------------------------------------------

便秘最長「3日~1週間未満」53.0%
便秘対策の食品「納豆、ヨーグルトなど発酵食品」が
最も効果がありそう53.3%

---------------------------------------------------------------

健康美容ビジネスのコンサルティング(リーガルマーケティング)事業を手がける株式会社薬事法ドットコム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:斎藤 敬志、URL:http://www.yakujihou.co.jp/ydc-mri/index.html 以下 薬事法ドットコム)は、世の中の健康美容の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行っております。今回、2013年10月4日(金)~10月7日(月)の4日間に、便秘経験のある全国の女性300人を対象に「便秘」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

【調査背景】
女性は便秘で悩む方が多いのではないでしょうか。便秘による吹き出物やシミなどの肌のトラブルも女性には大きな悩みとなりえます。そこで、最長でどのくらいの期間、便秘になったことがあるかなどをお聞きし、「便秘」に関する調査を行いました。
以下、調査データをお送りいたしますので、報道のご参考にしていただければ幸いです。

【調査概要】
1.調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEBアンケート方式で実施
2.調査の対象:便秘経験のある全国の20代~60代の女性
3.有効回答数:300人
4.調査実施日:2013年10月4日(金)~2013年10月7日(月)

主な設問と回答

◆最長でどのくらいの期間、便秘になったことがある?
1位は「3日~1週間未満」53.0%
「1ヶ月以上」も1.3%
◆便秘対策の「食品」として、効果がありそうなものは?
1位「納豆、ヨーグルトなど発酵食品」53.3%
2位「ごぼう、キャベツなど野菜類」49.0%
3位「バナナ、プルーンなど果物類」40.0%


~お願い~
本内容の転載にあたりましては、「薬事法ドットコムマーケティング研究所調べ」と付記のうえご使用いただきますようお願い申しあげます。


Q1あなたは最長でどのくらいの期間、便秘になったことがありますか。(単数回答 N=300)


便秘経験者に対し、最長でどのくらいの期間、便秘になったことがあるかお聞きしたところ、1位「3日~1週間未満」53.0%、2位「3日未満」27.0%、3位「1週間~2週間未満」17.0%という結果になりました。最長の便秘期間は80%の方が1週間未満ということがこのグラフからわかります。


Q2あなたは便秘対策を行なっていますか(行なっていましたか)。(単数回答 N=300)


便秘対策を行っているかお聞きしたところ、多かった回答は同率35.7%で「どちらかといえば行なっている(行なっていた)」と「あまり行なっていない(行なっていなかった)」という回答でした。尚、「熱心に行なっている(行なっていた)」と回答した方は、便秘経験のある方にのみ、お聞きしているにもかかわらず、10.7%と最も少ない結果となりました。


Q3便秘対策の「食品」について、以下の項目について当てはまると思うものを教えてください。(複数回答 N=300)


便秘対策の食品についてお聞きしたところ、【取り入れたことがある】、【取り入れてみたい】、【効果がありそう】の3項目で最も多かったものは「納豆、ヨーグルトなど発酵食品」となりました。発酵食品には腸内環境を整える善玉菌が多く含まれていると言われています。そのため「納豆、ヨーグルトなど発酵食品」と回答した方が多かったのでしょうか。


Q4便秘対策の「運動」について以下の項目について当てはまると思うものを教えてください。(複数回答 N=300)


便秘対策の運動についてお聞きしたところ、【取り入れたことがある】で最も多かった回答は「マッサージ」で47.3%という結果になりました。【取り入れてみたい】では「ヨガ」の30.7%、【効果がありそう】では「マッサージ」の44.0%となりました。どこでも道具を使わず行える「マッサージ」は【取り入れたことがある】と、【効果がありそう】で1位となっています。

Q5 便秘対策の「サプリメント・薬・お茶」について以下の項目について当てはまると思うものを教えてください。(複数回答 N=300)


便秘対策の「サプリメント・薬・お茶」についてお聞きしたところ、【取り入れたことがある】、【効果がありそう】で最も多かった回答は「便秘薬」となりました。【取り入れてみたい】と回答した方が最も多かったのは「乳酸菌系サプリ」の21.0%となりました。


【林田先生からのコメント】


ダイエットに関心の高い人は、大体便秘にも関心が高い傾向があります。
ダイエットのマーケットはとても大きいので、便秘のマーケットもかなり大きいと言えます。
のむ系の便秘対策としては、薬とサプリがあり、サプリは大きく乳酸菌系と食物繊維系がありますが、
今回の調査では、消費者の興味は分散しています。
取り入れてみたいものに、それ以外のものの回答が多かったのも特長的です。

一般財団法人リーガルマーケティング研究財団理事長
株式会社薬事法ドットコム 特別顧問
林田 學武
東大法大学院卒、法学博士。大学教授、弁護士を経て現職


◆株式会社薬事法ドットコム概要
会社名   :株式会社薬事法ドットコム
設立    :2009年8月
代表者   :齋藤敬志
本店所在地 :〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-2-27 3階
電話番号  :03-6279-0350
事業内容  :健康・美容に関するコンサルティング業務、健康・美容に関する情報提供サービス
会員企業  :現在、130社超(2013年7月現在)
       延べ600社超
HP    :http://www.yakujihou.com/ (YDC)
       http://www.yakujihou.co.jp/(YDC研究所)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング