対前年同月比66ヶ月連続更新!!4月の輸出販売台数が歴代2位の11,611台を記録!

PR TIMES / 2014年5月8日 10時6分

~4月も引き続き好調を維持!~

(株)ビィ・フォアードの4月の輸出販売台数の見込みが、前年同月比60.1%増の11,611台と歴代2位の台数を記録し、対前年同月比を66ヶ月連続で更新する見通しとなりました。



中古車輸出販売世界一を目指す(株)ビィ・フォアード(本社:東京都調布市 代表取締役:山川博功)の4月の輸出販売台数見込みが対前年同月比60.1%増の11,611台(前年同月実績7,248台)となり、歴代2位の台数を記録し対前年同月比を66ヶ月連続で更新する見通しとなりました。


当社は、2014年4月の輸出販売台数の見込みが前年同月比60.1%増の11,611台となり、これまで12,000台としていた販売見込みを約400台下方修正しましたが、歴代2位の台数の記録で引き続き好調を維持しており、対前年同月比を66ヶ月連続で更新する見通しです。なお、受注ベースでは過去最高の13,316台となりました。

また、単月の売上高見込みは前年同月比67.7%増の32億2081万円(前年同月実績19億1726万円)となる見通しです。


【下方修正も、引き続き好調を維持】
今回の下方修正の最大の原因は、日本時間の4月2日に発生したチリ(イキケ)の大地震が影響しており、震災を起因とした現地港湾機能及び購買力がストップした影響で600台程度の下方修正要因となりました。また、4月末の自動車輸送船の入港の遅れによる輸出遅延なども影響しましたが、月初めからの販売好調がそのマイナスを補い、受注ベースでは過去最高の13,316台を記録しました。


【ザンビア郵政公社との業務提携が好調】
3月25日のザンビアポスト(ザンビア郵政公社)との業務提供により、同国の郵便局での当社の中古車販売や、集金、送金、納車といった一連のサービスが開始し、4月30日までに販売台数が224台と事業開始より好調に推移しております。サービス開始にあたり、当初はザンビアポスト全82ヶ所の郵便局のうちの18ヵ所でのサービス開始となりましたが、4月末現在でその数を42ヶ所に増やしており、5月下旬を目途に全店舗に展開し都市部はもとより地方地域への販売網を強化いたします。

今後は、地域に密着した郵便局ならではの利便性と信用性という最大の強みを生かし、サービスの認知度を高めて現地の購買層の自動車需要をとりこみ、現在の当社における対ザンビア向けの年間輸出販売台数22,226台(2013年実績)を、2014年を目途に約2倍の40,000万台まで引き上げる予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング