TIS、タイに現地法人を設立

PR TIMES / 2014年12月1日 12時55分

~タイ国内における事業推進とメコン圏でのビジネス戦略の立案を強化~

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下TIS)は、タイ国内における事業推進とメコン圏でのビジネス戦略の立案の強化を目的に、『TISI (Thailand) Co., Ltd.』を設立したことを発表します。

 ASEAN地域の目覚しい経済発展は、近年ますます加速しており、日本企業の生産拠点の設置や、将来的なローカルマーケット拡大を目的とした事業参入などが活発化しています。

 中でもタイは、日本企業の進出が2011年から25%増の約4,000社※1となり、メコン地域の中心という地理的要因などを背景に今後も大きな経済発展が期待される優良市場です。

 ※1:帝国データバンク調べ

 TISでは、「I AM Consulting Co., Ltd.」(本社:バンコク、以下 IAM)の連結子会社化および「MFEC Public Company Limited」(本社:バンコク、以下 MFEC)との資本・業務提携契約などを通じて、タイにおけるビジネス拡大を推し進めて来ましたが、TISI (Thailand)を設立することで、タイ事業とメコン圏でのビジネスの更なる推進と拡大を目指します。

■『TISI (Thailand) Co., Ltd.』の概要
1)社名:TISI (Thailand) Co., Ltd.
2)資本金:600万バーツ
3)代表者:増本 真洋(Managing Director)
4)設立年月:2014年11月
5)主な事業内容:タイにおける事業推進とメコン圏でのビジネス戦略の立案、など

■『TISI (Thailand) Co., Ltd.』の役割・機能
 『TISI (Thailand) Co., Ltd.』は、タイおよびメコン圏において、日本企業向けのITサポートと、ローカルマーケット向けのITビジネスの深堀と更なる拡大に向けた事業を推進していきます。

1)タイ事業の推進と経営管理
 タイ国内で屈指のSAPのトータルソリューションプロバイダーであるIAM、エンタープライズ向けITソリューション提供のリーディングプレイヤーであるMFECおよびTISの3社のタイ国内における事業間シナジーの最大化に向けた各種施策の推進と経営管理。

2)メコン圏の戦略の立案・推進
 今後の経済発展が期待されるメコン圏(ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジア)での将来的なビジネス活性化に向けた戦略立案と各国ローカル市場参入に向けたパートナーシップの拡充などの推進。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング