Flitto、UUUMに字幕翻訳ツールを提供開始、所属クリエイターが利用可能な法人向けソリューション

PR TIMES / 2020年10月29日 20時45分

国内オンラインコンテンツのグローバル化、クリエイターの海外進出を推進!

翻訳・言語データプラットフォーム事業を展開するFlitto Inc.(本社:韓国ソウル、CEO:Simon Lee、以下Flitto Inc.)は、UUUM所属クリエイターへの多言語字幕サービス提供を開始したと発表した。



[画像1: https://prtimes.jp/i/28944/13/resize/d28944-13-979892-6.png ]

Flittoはカスタマイズされた専用の映像翻訳システムをUUUMに提供。UUUM所属クリエイターは、システムにアクセスして希望の字幕をリクエストし、利用することができる。Flittoはこのサービスを通じて、英語、韓国語、インドネシア語、ベトナム語などの言語字幕を提供する予定である。

UUUMは日本最大級のMCN(マルチチャンネルネットワーク)であるとともに、クリエイター、インフルエンサーのマネジメント、サポートを手がけ、多数の人気クリエイターが所属している。

Flitto関係者は、「顧客の満足度向上のために、MCN用の映像翻訳カスタマイズシステムを構築することになった。 企業担当者やクリエイターが簡単で便利な翻訳をリクエストできるソリューションで、国境を越えたグローバルな映像翻訳事業を積極的に拡大していきたい」と付け加えた。

2018年から映像字幕サービスを運営しているFlittoは、カン・ヒョンウクのボドゥムTV、キャプテンパチュホ(サッカー選手パク・チュホのチャンネル)、OCNなど、多くの有名YouTubeチャンネルに多言語字幕を提供している。最近では、個人クリエイターのためのB2C翻訳サービス立ち上げつつ、企業から個人まで、各顧客層に合ったサービスを提供している。

Flittoは言語データ構築プラットフォームを運営する言語データ企業である。2012年にオープンしたクラウドソーシング翻訳をはじめ、専門翻訳、AI翻訳にサービスを拡大しており、2019年7月に国内初の「ビジネスモデル特例上場」に成功し、コスダック市場に名前を上げた。173カ国で1,000万人以上のユーザーがFlitto翻訳サービスを利用しており、プラットフォーム上で構築された25個の言語データに基づいて、グローバルクライアントとの協力関係を強化している。
[画像2: https://prtimes.jp/i/28944/13/resize/d28944-13-790918-1.png ]



会社名:Flitto Inc.
代表者:Simon Lee
所在地:大韓民国(ソウル)
URL : https://www.flitto.com/home

会社名 : フリットジャパン株式会社(英文名:Flitto Japan, Inc.)
代表者 : 代表取締役 冨山 亮太
所在地 : 東京都千代田区有楽町1-12-1-11F
URL   : https://www.flitto.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング