1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アーティサン オープンデータ標準対応 経路検索サービス『バス予報 乗換案内』を提供開始

PR TIMES / 2021年10月12日 14時15分

~地域交通オリジナルな経路設定や情報提供を短納期・低コストで実現~

アーティサン株式会社(本社|東京都調布市、代表取締役|小山才喜、以下アーティサン)は、地域公共交通で求められる細分化されたニーズに対応するため、GTFSに完全対応した 経路検索サービス『バス予報 乗換案内』の提供を、2021年10月12日から開始いたします。



近年、Googleマップ/乗換案内をはじめとする経路検索サービスは、理想のMaaSを実現するための中心ソリューションとして発展を遂げ、多くの生活者や公共交通利用者に欠くことができないものになっています。しかし、それらは、利用用途が多岐に渡りその変化も早く、特定の製品/サービスだけでは生活者の細分化されたニーズを満たすことが難しいのが現状です。
アーティサンでは、バス運行情報の国際標準データ形式(以下、GTFS)に対応した経路検索サービス『バス予報 乗換案内』を提供することで、環境やニーズの変化に俊敏に対応し、地域公共交通の個別ニーズへの対応を目指します。
『バス予報 乗換案内』の特長は3つあります。まず、GTFSに完全対応することで、従来のサービスと比べ短納期・低コストでの導入・利用が可能です。次に、経路検索の乗継ぎ優先ルールを各事業者・自治体で個別に設定することが可能となることや、商業施設や観光施設などの地点情報をニーズに応じて登録することができます。最後に、汎用経路検索エンジンとしての利用を想定し、経路検索APIとして利用することで、当社『バス予報』などのバスロケーションシステムと連携することや、MaaS に関わらず他サービスとの連携を容易に実現することが出来ます。
『バス予報 乗換案内』では、提供中のバスロケーションシステム『バス予報』とのシームレスな統合・連携だけでなく、複数事業者間のデータ連携を想定しています。特定のシステムやベンダーにロックインすることなく、サービスだけでなく自治体・バス事業者の目的でもある「公共交通の活性化」を通じて、地域住民やインバウンド含む観光客の公共交通利用促進を目指すソリューションとして、アーティサンのMaaSサービスを強化していきます。

【特長】
1.世界標準の公共交通オープンデータ GTFS完全対応
GTFS (General Transit Feed Specification) とは、世界標準で使われている公共交通データフォーマットで、日本でもオープンデータとして普及が進んでいます。当社の『バス予報 乗換案内』は、そのGTFSデータを直接インポートすることが可能となり、短期間で経路検索サービスの利用を開始できます。また、取り込んだデータは本サービスだけではなく、バスロケーションシステムやデジタルサイネージ、Googleマップ/乗換案内など他システムとも連携が容易になります。

2.事業者・地域のオリジナルな乗継経路やランドマーク情報を実現
個別の地域やその交通のニーズを満たすために、移動時間、移動距離、乗換回数、徒歩時間などをパラメーターにした重み付けすること等で個別の乗換経路としてカスタマイズすることができます。また、地域の生活者や観光客などのニーズに対応できるように、観光地や施設などのランドマーク情報を個別に設定することができます。

3.柔軟な提供形態と拡張性
機能をAPI提供することや、GTFSデータ対応により、システム開発会社およびサービス提供会社は、自社のシステムに経路検索のアルゴリズムを容易に組み込めます。アルゴリズムの開発コストを大幅に削減して短期間で機能追加できるため、実証実験などの短期プロジェクトでの経路検索利用や、高機能な経路検索エンジンを必要としないサービスなどに利用範囲を広げることが可能です。

【サービス適用のイメージ】
『バス予報 乗換案内』を採用することで、バス事業者や自治体のお客様は、GTFSもしくはその基データをアーティサンに提供頂くだけで経路検索サービス、バスロケーションシステム、Googleマップ/乗換案内の対応を行えます。利用者にとっても、それそれのツールをシームレスに連携することで利便性が向上します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/36996/13/resize/d36996-13-a3da86c67e2e63b4485a-2.png ]



【十和田観光電鉄の経路案内イメージ】
『バス予報 乗換案内』利用の第一弾として、アーティサン『バス予報』を導入済みの十和田観光電鉄株式会社様のホームページにて、2021年11月1日より『バス予報 乗換案内』を利用した経路検索サービスの利用が可能になります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/36996/13/resize/d36996-13-332a7aab589a41fca952-0.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/36996/13/resize/d36996-13-b0fef8281c37aba311c2-1.png ]

【導入事業者の評価】
十和田観光電鉄では、路線バス利用者の利便性を向上するために、『バス予報 乗換案内』を採用することと致しました。グループ会社の岩手県交通ではかなり以前より、ホームページ上で路線検索/乗換案内サービスを提供しており、日々非常に多くの方に利用されております。
当社の路線は、岩手県交通のように多くの路線が乗り入れているわけではなく、日々の利用者数も岩手県交通ほど多いわけではありません。
その一方で、乗合自動車部乗合課には電話によるお問い合わせも少なくなく、簡素でも良いので低コストで運用できる検索サービスを提供したいと考えておりました。
そのような中、アーティサンより路線検索サービス『バス予報 乗換案内』の提案があり、事業者的には最適経路の試行及び路線変更やダイヤ編成などにも有効であると感じているのと、一番はそれがお客様の利便性向上に繋がるものと思っております。
アーティサン様には、これまで通り事業者やお客様の声に耳を傾けて頂き、俊敏に対応して頂けることをお願い致します。
(十和田観光電鉄株式会社 代表取締役社長 佐藤 行洋 )

【URL】
https://artisan.jp.net/service/maas/norikaeannai/

【今後の展開について】
今後も下記の機能提供を予定しております。予定したアップデートに限らず、実際のご利用者様からの声に基づく改善や変更についても随時行っていきます。アーティサンはオープンデータの活用を通し、自治体や公共事業者の業務デジタル化と市民・利用者の皆様の利便性向上に貢献してまいります。
・バスロケーションシステム『バス予報』との連携強化
・利用者属性別のユーザーインターフェースの提供
・利用ログ分析およびコンサルティングサービスの提供

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング