2019年第3四半期(7月~9月)ニールセン消費動向調査

PR TIMES / 2019年12月13日 12時45分

・指数が82と前期に比べて3ポイント上昇、昨年から見ると3ポイントマイナス。
・上昇の要因は、就業状況に対して前期より楽観。しかし、食費が上がることへの懸念が上昇。



東京、2019年12月13日 - ニールセンでは、独自に消費者動向調査を3カ月に一度、64カ国で実施しています。調査対象者の規模は32,000人にも上ります。ニールセンは、日本でもこれを実施しています。

日本国内では内閣府が実施している消費動向調査の方が8,400人と調査規模は大きく、実施頻度も毎月と多いのですが、内閣府の調査は、現在や今後の自身の経済状況の見通しを聞くだけのものです。これに比べてニールセンの消費動向調査は、どのようなことが気になるのか、消費動向の変化がなぜ起こるのかを分析可能で、しかも、同時に世界64カ国と比較できるという意味で意味のあるデータだと言えます。

2019年第3四半期(7月~9月)の概況

消費動向指数は82と、前期に比べて3ポイント上昇、昨年に比べて3ポイントマイナスが見られます。この上昇を支えたのは、求職状況に対して前期よりも楽観しているようで、35%に上昇しています。


[画像1: https://prtimes.jp/i/44848/13/resize/d44848-13-521735-3.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/44848/13/resize/d44848-13-258450-4.jpg ]



しかしながら、気になることとしては、食費の上昇が25%と前期に比べ3%上昇しています。これは消費税上昇前ですが、軽減税率が適用されるといっても外食の消費税の動向が見えないことや、食品の価格が継続的に上がってきていることからそのような判断になったのではないかと思われます。 
[画像3: https://prtimes.jp/i/44848/13/resize/d44848-13-601762-5.jpg ]


2019年第4四半期(10月~12月)の調査結果発表は、2020年2月初旬を予定しています。

###

ニールセンについて

Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は世界最大級のマーケティング調査&データ分析の会社として、世界規模の消費者と市場における最も完全で信頼されたインサイトを提供しています。ニールセンは二つのビジネスユニットから成り、ニールセン・グローバル・メディアは、広告市場・メディア市場が機能するために必要である業界の共通の理解を生み出す、公正で信頼できる測定基準を提供しています。ニールセン・グローバル・コネクトは、メーカーおよび流通企業に対し、正確で実行可能な情報、インサイト、そして、複雑に進化を続ける市場の全体像を提供しています。私たちのアプローチは独自のニールセンデータと他のデータソースを結び付けることで、今何が起こり、今後何が起こるのか、そしてこの知識に基づいてどの様に行動するのがベストなのかを世界中の顧客が見つけるお手伝いをします。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング