本日4月1日、「OKB5」誕生!

PR TIMES / 2020年4月2日 9時55分

~OKBとSKE48のコラボで地域を盛り上げます~



 大垣共立銀行(頭取 境 敏幸)の新たな広告宣伝ユニット「OKB5」が本日誕生しました。
 名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループ「SKE48」のメンバー5名で結成したもので、今後地元イベントなどへの参加を通じて地域を盛り上げます。

[画像: https://prtimes.jp/i/46291/13/resize/d46291-13-852418-0.jpg ]


太田彩夏さん、熊崎晴香さん、北野瑠華さん、鎌田菜月さん、佐藤佳穂さん


 OKB5は、SKE48の管理・運営を行う株式会社 ゼストを子会社に擁する、株式会社KeyHolder(代表取締役社長 畑地 茂)と本日締結した地方創生分野における「業務提携に関する基本合意書」に基づく連携事業の第一弾です。
 OKBでは、2001年に社名の頭文字OKBを使用した広告宣伝を開始して以降、OKBを冠した施設や商品などの“OKBブランド”を推進するとともに、11年にはPRキャラクター“OKB3”、13年には社員による広告宣伝ユニット“OKB45”、また17年からはエンターテインメント集団「BOYS AND MEN」とのコラボで“OKBテソちゃん”“OKBピッピちゃん”などのキャラクターも展開するなど、エンターテインメント要素も取り入れた独自の地方創生に取り組んでいます。
 KeyHolderは19年1月に芸能プロダクション株式会社 SKE(現:ゼスト)を子会社として設立した後、同年3月にアイドルグループ“AKB48”の姉妹グループ「SKE48」を所属アーティストに迎え、東海地方から全国にかけてのイベントや興行などを展開しています。
 本提携は、地方創生に取り組むOKBとSKE48を擁するKeyHolderのノウハウや人脈、販売網などを活用・補完し合い、地域の課題に対するソリューション力を高めるためのもので、特に「エンターテインメント」分野での連携を加速します。


■業務提携に関する基本合意書の概要
[表1: https://prtimes.jp/data/corp/46291/table/13_1.jpg ]




■KeyHolderの概要
 KeyHolderは、様々な事業活動を通じて企業価値を高め、“豊かさを創造”してゆく企業グループを目指しています。アイドルグループ「SKE48」の管理・運営をはじめとする総合エンターテインメント事業、バラエティから映画までを手掛ける映像制作事業、広告代理店事業やコンテンツの企画・開発事業を行う子会社を傘下に置き、エンターテインメント分野で幅広く事業を展開しています。


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/46291/table/13_2.jpg ]



グループ子会社 8社

[表3: https://prtimes.jp/data/corp/46291/table/13_3.jpg ]



以 上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング