1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

山田 匡通の書籍「マインドフィットネス入門」が発行

PR TIMES / 2021年7月20日 19時45分

AoyamaTreehouse共同創業者で瞑想プログラム監修

「マインドフィットネス」と「イノベーション」をテーマとするメンバーシップスペースAoyamaTreehouse(青山ツリーハウス)を運営するGlobalTreehouse株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:トム・ペダーセン)の共同創業者で、マインドフィットネスプログラムを監修した山田 匡通による書籍「マインドフィットネス入門」が7月14日より全国書店で発売開始されましたので、お知らせします。



AoyamaTreehouseは、2020年に開業した日本のビジネスリーダーのための全く新しいコンセプトのメンバーシップ・コミュニティで、法人および個人を対象としています。その根幹を成すプログラムのひとつ「マインドフィットネス」は禅の手法を取り入れた、ビジネスリーダーのための独自の瞑想プログラムです。このプログラムは三宝禅の管長で、GlobalTreehouse株式会社の共同創業者である山田 匡通によって監修されています。

山田 匡通は、三菱銀行に入行後、ハーバード大学に留学し1969年MBAを取得、その後、東京三菱銀行専務、三菱証券会長、イトーキ会長を歴任しました。そのビジネス界におけるキャリアは、50年以上前から座り続けてきた“禅”によって支えられていたと言います。「謙遜でも何でもなく能力的に大層なものは持っていなかった自分を支えてくれたのは“禅”でした」と本書でこれまで実践してきた禅の瞑想法と脳科学からも実証されたその効果を詳しく解説しています。
[画像: https://prtimes.jp/i/48203/13/resize/d48203-13-1efdb6d4a1ac77e9a099-0.jpg ]

山田は自身の体験から「禅/マインドフルネスは、リーダーに必要な様々な能力や資質を磨くことができ、『心を鍛える』ことになります。そこでリーダー育成のための禅/マインドフルネスを『マインドフィットネス』として新たに確立し、AoyamaTreehouseという実践の場を作りました。マインドフルネスが、多忙な現代社会の中で疲弊した心や神経を瞑想によってリフレッシュし、健全な状態に戻すのに対し、マインドフィットネスは、そこにとどまらず、精神を鍛え、自他の対立を薄めることで他者の幸福を願う心を育成し、創造性と革新性を醸成することができるのです」と述べています。

【書籍情報】
「マインドフィットネス入門 禅の瞑想によってあなたとあなたのビジネスが生まれ変わる」
ISBN: 978-4-478-08472-4
定価:1,650円(本体1,500円+税10%)
判型:四六・並製
発行:ダイヤモンド・ビジネス企画
発売:ダイヤモンド社
発刊日:2021年7月14日

【本書の構成】
序 章 マインドフルネスの新しい可能性
第1章 禅との出会い
第2章 私のキャリアを支えてきた禅
第3章 マインドフィットネスを実践しよう たった数分の瞑想が人とビジネスを変える
第4章 時代が求めるマインドフィットネス
第5章 マインドフィットネスの背景にある禅の思想
第6章 マインドフィットネス実践の場 グローバルツリーハウス/青山ツリーハウス
終 章 「一つの世界」をめざして

【著者プロフィール】
山田匡通(やまだ・まさみち)
1940年5月5日生、福島県出身。
1964年慶応義塾大学経済学部卒業、同年三菱銀行(現三菱UFJ銀行)入行。その後、1969年ハーバード大学経営学部大学院卒業(MBA取得)。同行常務取締役、東京三菱銀行(現三菱UFJ銀行)専務取締役等を経て、2002年三菱証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)代表取締役会長。2004年東京急行電鉄常勤監査役。2005年よりイトーキ取締役、2007年に同社代表取締役会長に就任し現在に至る。他にも(社)日本ファシリティマネジメント協会会長、日本オフィス家具協会副会長、(医)こころとからだの元氣プラザ理事長、(財)東京顕微鏡院理事長、(宗)三宝禅管長。

AoyamaTreehouseについて:
GlobalTreehouse株式会社が運営するAoyamaTreehouseは、世界で最もクリエイティブなコミュニティを創るためのメンバーシップ制プラットフォーム事業の世界第1号プロジェクトです。メンバーの皆様に対してTreehouseの「マインドフィットネス」や「イノベーション開発プログラム」を通じてビジネスの成長に繋がるイノベーションの実現をサポートしていきます。
URL: https://www.globaltreehouse.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング