企業向けオンラインストレージサービス「Fleekdrive」がバージョンアップ~クラウド推進に求められるセキュリティ、動画対応をさらに強化~

PR TIMES / 2020年6月18日 14時40分

株式会社Fleekdriveは、企業向けオンラインストレージサービス「Fleekdrive(フリークドライブ)」の新バージョンVer. 3.0をリリースしました。



「Fleekdrive」は、クラウド上でのセキュアなファイル管理と目的に応じたファイル共有により、企業の情報資産を社内外問わず有効活用することができます。

働き方改革の名のもと、政府主導でクラウド活用が推進されており、オンラインストレージにおいても金融、教育、医療の分野を中心に導入を検討する企業が増えています。また、新型コロナウイルスの感染拡大を機に、新しい生活様式に合わせた企業のあり方を模索する過程から、多くの企業から声をいただき、それらのご要望に応えるべく、今回のバージョンアップにて以下の機能を追加、強化しました。

■2段階認証
2段階認証は、よりセキュアな環境でFleekdriveをご利用いただくために、SMSやメールにて認証コードを通知し、その認証コードを使用してログインする方法です。この認証方法では、パスワード(本人のみが知りえる知識要素)および、認証コード(本人が所持しているデバイスやアカウントに対して送られる所持要素)の2要素での認証となるため、これまでのログイン方法より安全性が大幅に強化されます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/50710/13/resize/d50710-13-246780-0.png ]


■動画再生方式をストリーミング方式に変更、対応フォーマットを大幅に拡充
これまでの動画再生方式は、ファイルサイズによって再生までに時間を要していましたが、ストリーミング方式に変更することで短い時間で再生を開始することが可能になりました。
また、Fleekdrive上で再生可能なファイルフォーマットを動画は20種類、音声は13種類と大幅に追加しました。自社で保有する様々な動画・音声コンテンツをよりご活用いただけます。

対応動画ファイル:mp4、m4v、mpg、mpeg、ts、m2t、m2ts、mts、mov、qt、3gp、webm、mkv、avi、asf、wmv、flv、f4v、f4p、ogm
対応音声ファイル: m4a、mp3、wav、flac、ogg、mp2、amr、aac、wma、ac3、tta、ape、aiff


■Fleekdriveとは

[画像2: https://prtimes.jp/i/50710/13/resize/d50710-13-329730-1.png ]

「Fleekdrive」は在宅勤務やサテライトオフィスとのやりとり、モバイルを活用した現場とのファイル共有などのシーンで、企業の情報資産を社内外問わず有効活用することができる企業向けオンラインストレージサービスです。業務で利用するファイルに、いつでも、どこでも、すばやくセキュアにアクセスでき、テレワークやグローバル規模で社内ネットワークを超えたコラボレーションの可能性を広げます。単純なファイルの管理や共有だけでなく、リアルタイムにチャットでコミュニケーションをとりながら、テンポよく作業を進めることができます。


「Fleekdrive」の詳細:  https://www.fleekdrive.com/



【株式会社Fleekdrive 会社概要】
会社名:株式会社Fleekdrive
所在地:〒108-0022 東京都港区海岸3-9-15 LOOP-X 6F
代表者:代表取締役会長 長尾 章
取締役社長 上家 富隆
設立:2019年5月7日
資本金:5,000万円
決算期:11月30日
事業内容:クラウドサービスの販売・サポート
ホームページ: https://www.fleekdrive.co.jp/

【Fleekdrive に関するお問い合わせ先】
株式会社Fleekdrive 担当 中嶋
TEL:03-6722-5015  FAX:03-6722-5025
E-mail: sales@fleekdrive.com
※現在リモートワーク実施中につき、メールにてお問い合わせ願います。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング