1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Poly、「グローバル ペルソナ リサーチ」を発表

PR TIMES / 2021年9月10日 17時15分

6つのワークスタイル別に新たなペルソナのトレンドを分析

場所や時間を問わず、会議の質を最大化する高品質な音声・映像テクノロジーを備えた製品を提供する Poly (Plantronics, Inc.:旧 Plantronics とポリコム)は、ドイツの調査会社 Factworks に依頼して実施したレポート「グローバル ペルソナ リサーチ」を発表しました。当レポートでは 労働者をワークスタイル別に6つのペルソナに分類し、そのトレンドを明らかにしています。さらに、地域的問題やパンデミックによって変化した新しい働き方など、次々と起こる課題を企業が認識して、対応すべきテクノロジー面のニーズを Poly ならではの視点で示しています。

当レポートでは、一般的な企業の 92 % が占めるワークスタイル別に 6 つのペルソナに分類し、各ペルソナの属性、課題、コミュニケーションの傾向を明らかにしています。それをもとに企業は、ワークスタイルや従業員の行動に最適なデバイスやテクノロジーを選択し、異なる場所で作業を行う従業員の平等性を確立し、組織の生産性向上につなげることが可能となります。

6 つのペルソナの特徴と、各ペルソナのワークスタイルやニーズに最も適した製品は次の通りです。

■ オフィス コラボレーター
オフィス コラボレーターは、オフィスを仕事場とする従来のワークスタイルです。労働者の中で 27% と最も高い割合を占めます。このワークスタイルは、同僚との共同作業がしやすく、新しいテクノロジーを受け入れやすい傾向にあります。複数のデバイスを活用して効率的なコミュニケーションが取れるよう管理が必要です。一方で、オフィスで働くことによる周囲の雑音やそれによる作業の中断と言った課題を抱えます。オフィス コラボレーターの中には、今後は柔軟な働き方を望むひとが多く、将来は減少すると予測されています。
オフィス コラボレーターには、周囲の雑音をシャットアウトできる Poly の Poly Savi 8200 Office( https://www.poly.com/us/en/products/headsets/savi/savi-8200) ワイヤレス DECTTM ヘッドセットや、優れた画質でビデオ会議を快適にする Poly Studio P5( https://www.poly.com/us/en/products/video-conferencing/studio-p/studio-p5) プロフェッショナル web カメラが最適です。

■ フレキシブル ワーカー
オフィス、自宅、外出先など、どこでも柔軟に業務を遂行できるのがフレキシブル ワーカーです。労働者の 20% を占めています。リモートワークや外出先での仕事が多いため、新しいコミュニケーション チャネルへの適応能力が高いです。一方で、遠隔のコミュニケーションが多いため、オフィス環境ではすぐにできる報告や相談などが、すぐに伝えられない可能性があります。前述したオフィス コラボレーターが柔軟に働くようになると、このフレキシブル ワーカーが増加していくことになります。
フレキシブル ワーカーには、Poly Voyager 6200 UC( https://www.poly.com/us/en/products/headsets/voyager/voyager-6200-uc) Bluetooth(R) ネックバンド ヘッドセットと 、Poly Studio P5( https://www.poly.com/us/en/products/video-conferencing/studio-p/studio-p5) プロフェッショナル Web カメラが最適です。柔軟な働き方を取り入れる人たちの、リモートワークによるコミュニケーションの難しさを軽減します。

■ リモート コラボレーター
リモート コラボレーターは労働者の 15% を占めます。自宅で働く機会が多く、在宅勤務の方が、大幅に生産性を向上できると感じています。同僚と直接会う機会も少ないため、生産的かつ良好な協業をすることへの課題に直面しています。リモート コラボレーターは、新型コロナウイルスの急速な感染拡大を主な要因として、世界中に広がったリモートワークを余儀なくされたことにより増加しました。オフィス コラボレーターがリモートワークへの移行を希望することでこのペルソナ グループが増えていく可能性が高いと見られています。
リモート コラボレーターは、Poly Voyager Focus UC( https://www.poly.com/us/en/products/headsets/voyager/voyager-focus-uc) ステレオ Bluetooth(R) ヘッドセットと Poly Studio P15( https://www.poly.com/us/en/products/video-conferencing/studio-p/studio-p15) 個人向けビデオ バーを利用することで、異なる場所にいる同僚との効果的なコミュニケーション チャネル構築の手助けとなるでしょう。

■ オフィス コミュニケーター
労働者の 13% を占めるのがオフィス コミュニケーターです。情報や助力が必要な同僚から頼られることが多く、企業における情報のハブとして勤務時間の大部分を同僚や顧客とのコミュニケーションに費やしています。デスクにある電話など、慣れ親しんだシステムやデバイスの利用を好みます。周囲の状況によって注意が逸れることや、雑音やプライバシーの欠如などの課題があります。ワークスタイルはパンデミックにより変化を遂げていますが、オフィス コミュニケーターはオフィス回帰を望んでいます。
オフィス コミュニケーターには、Poly Blackwire 8225( https://www.poly.com/us/en/products/headsets/blackwire/blackwire-8225) ヘッドセットがお勧めです。周囲の雑音や通話中のプライバシーの欠如などの課題を克服するのには理想的なヘッドセットです。

■ コネクテッド エグゼクティブ(例:社内外の多くのエグゼクティブとの交流が求められる人材)
コネクテッド エグゼクティブは、企業の変革を担う先駆的なリーダーです。労働者の 12% を占めています。社内外の多くのエグゼクティブとの交流が求められ、既成概念にとらわれず、イノベーションや新しい発想を取り入れる傾向があります。オフィスで働くときは、個人に割り当てられたスペースを好むものの、各種ワークスペースを行き来します。意思決定や問題解決などの必要があればあらゆる場所へ出向きます。ワークスタイルは多様で、他のどのペルソナよりも多くのコミュニケーション ツールを駆使します。多種多様なデバイスを使用する必要もあるため、情報の散漫や、予期せぬ騒音などが課題となります。
持ち運びやすく、機能性の高い製品、Poly Voyager Focus UC( https://www.poly.com/us/en/products/headsets/voyager/voyager-focus-uc) ステレオ Bluetooth(R) ヘッドセットと Poly Studio P15( https://www.poly.com/us/en/products/video-conferencing/studio-p/studio-p15) 個人向けビデオバーが、コネクテッド エグゼクティブに最適です。

■ ロード ウォリアー(例:営業職などの外出が多い人材)
労働者の 5 % を占めるロード ウォリアー。関係者と直接会ってビジネスを遂行することが多く、業務時間の半分以上をオフィス外で過ごします。出張も少なくありません。したがって、持ち運び可能なデバイスやテクノロジーを駆使することに慣れています。
騒音を取り除き、接続の不安定性を軽減する使いやすいソリューションへのニーズが高く、たとえば出張用の製品としては、Poly Voyager 5200 UC( https://www.poly.com/us/en/products/headsets/voyager/voyager-5200-uc) ヘッドセットが最適です。

上記 6 つのペルソナに当てはまらない残りの 8 % は「オフィス独立型」です。オフィス独立型は、コミュニケーションや協業用のテクノロジーのニーズが少なく、自己管理・完結できる業務にみられます。

Poly のシニア セールス エクスペリエンス兼イネーブルメント ディレクター、ジェニファー・アダムス(Jennifer Adams)は次のように説明します。「私たちは 10 年近くにわたり、ワークスタイル別のペルソナについて調査をしてきました。今回はこれまでになく厳密に企業における個性の種類を掘り下げ、従業員の生産性を最大限に高める方法を調査しました。調査は新型コロナウイルスのパンデミック期間に行われたものですが、今回明らかになったワークスタイルの変化は、長期的なものになるだろうと考えています。この変化を明確にして、各自がより適切なツールやデバイスを保有して、効率と生産性を最大化することが、長期的かつ効率的なワークスタイルを実現する鍵となるでしょう。」

Poly のグローバル ペルソナ リサーチ(英語)の詳細はこちら( https://www.poly.com/jp/ja/solutions/workstyle)で確認できます。


Poly について
Poly(Plantronics, Inc.、NYSE:POLY - 旧Plantronicsおよびポリコム)は、場所や時間を問わず、優れた会議環境を実現する高品質な音声および映像テクノロジーを備えた製品を提供しています。Poly のヘッドセット、音声会議ソリューション、ビデオ会議ソリューション、デスクトップ電話機、アナリティクス ソフトウェア、サービスはデザイン性に優れ、人々が有意義な繋がりを築けるよう設計されています。プロフェッショナル品質で簡単に操作できる Poly のソリューションは、パートナー企業が提供する数多くの優れた音声・映像ソリューションやサービスとシームレスに連携します。Poly は、会議参加者に「参加する」以上の体験を提供します。詳細は、 https://www.poly.com/jp/ja にてご確認ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング