1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

自動車用安全システムメーカーのタカタ、 第3評価棟の竣工式を実施

PR TIMES / 2013年2月4日 19時53分

最新の衝突シミュレーション試験機を導入し、2013年5月初旬より順次稼動開始予定

シートベルト、エアバッグ、チャイルドシートなどの自動車用安全システムを提供する専門メーカー、タカタ株式会社 (社長:高田重久 本社:東京都港区、以下タカタ)は、このたび、滋賀県の愛知川製造所内に第3評価棟を新設し本日竣工式を実施しました。同評価棟には最新の衝突シミュレーション試験機を導入し、2013年5月初旬より順次稼動を開始していきます。



衝突シミュレーション試験機は、実車衝突状況を擬似的に作り出すことができる試験機のことで、現在タカタは日本に4台、ドイツに4台、アメリカに2台、中国、韓国にそれぞれ1台、世界で12台保有しています。 このたび13台目となる試験機は、前面衝突した際に後部が持ち上がる事象を再現できる機能(ピッチング機能)を備えた最新の試験機で、同試験機は既にドイツ、アメリカにも導入しており、タカタでは3台目の導入になります。

この最新の衝突シミュレーション試験機により実際の衝突時に生じる事象をより正確に再現できるようになり、よりリアルワールドに近い、精度の高い試験評価を行うことができます。

タカタはこれからも「交通事故による犠牲者がゼロ」になる日を願い、最新の設備を駆使して実際の事故で起こる状況を分析し、革新的な製品開発に取り組んでいきます。


■ 設備概要
・施設名称 : 第3評価棟
・設備名称 : ピッチング機能付き衝突シミュレーション試験機
・設置場所 : タカタ株式会社 愛知川製造所 (滋賀県愛知郡)
・延床面積 : 約6,500平方メートル
・建屋概要 : 鉄骨 3階建て
・稼動予定日 : 2013年5月予定

■ 会社概要
・会社名 : タカタ株式会社
・創業 : 1933年
・本社住所 : 東京都港区赤坂2-12-31
・代表者 : 代表取締役社長 高田重久
・資本金 : 418,62百万円(2012年3月時点)
・連結売上高 : 382,737百万円(2012年3月期)
・従業員 : 36,858人(2012年3月時点) ※連結ベース
・グローバル生産拠点: 日本・アジア・欧州・米州で、20カ国 54工場(2012年12月時点)
・事業内容 : シートベルト、エアバッグ、ステアリング・ホイール、トリム
チャイルドシートなどの製造販売

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング