京都の“お米屋ブラザーズ”がいよいよ東京銀座に初出店!「五ツ星お米マイスターの兄」と「米炊き職人の弟」の競演!究極のお米が食べられる体験型レストラン 「銀座米料亭 八代目儀兵衛」が10月7日オープン

PR TIMES / 2013年9月2日 15時23分

お米のトータルプロデュース事業を展開する京都老舗米屋 株式会社八代目儀兵衛(所在地:京都市下京区 代表取締役社長:橋本隆志)は、五ツ星お米マイスターである兄、橋本隆志と米炊き職人の弟、橋本晃治が生み出す究極のお米が食べられる体験型レストラン「銀座米料亭 八代目儀兵衛」(以下、「銀座米料亭」)を京都祇園に続き2013年10月7日(月) 東京銀座五丁目にオープンいたします。(http://www.hachidaime.co.jp/



◆お米屋兄弟が挑戦するお米の価値観を変える“「銀シャリ」体験”

五ツ星お米マイスターの兄、橋本隆志は、産地や銘柄だけではなく、先代より受け継がれた“お米を選び抜く技と味覚”を元に、毎年自ら全国各地を回りお米を吟味しています。しかし、いくら上質の米でも洗い方・水加減・炊き方が違えば、お米のもつ本来の「美味しさ」「甘さ」は100%伝えきることができません。お米屋として、選び抜いたお米を最高の状態の「ご飯」で食べてもらいたい。そこでタッグを組んだのが料理人である、弟 橋本晃治です。


「米炊き職人」である弟は、料理人としての知識、経験、技術をもってお米の旨みを逃さないお米の洗い方や、甘味・旨み・粘りを引きだす細やかな火加減を研究。お米の旨みを存分に引きだすため、有田焼の窯元と共同開発をした八代目儀兵衛オリジナルの土鍋炊飯釜「Bamboo!!」で炊き上げます。
「Bamboo!!」は土に特殊なセラミックを練りこむことで、「ご飯」のうまみを高めるために必要な、遠赤外線放射率を限界にまで引き上げた炊飯に適した土鍋釜。合わせて、お米を炊き上げるのに最高のミネラル構成を持った水を使用することで、「お米」「水」「土鍋釜」「炊飯技術」すべてにこだわった究極の「銀シャリ」をご提供いたします。「銀座米料亭」は、お米の持つ本来の「甘さ」を存分に引き出した「銀シャリ」を味わっていただくことで、“お米の価値観が変わる体験”ができる、お米に特化した飲食店です。


◆感動の銀シャリをお届けします!新しいお米の買い方 
~O2O(on line to off line)のビジネスモデル~
八代目儀兵衛では、お米を産地銘柄だけでの判断ではなく、五つ星お米マイスターが「味」を重視して選んだお米を、ギフトとして価値提案を行いインターネットにて販売しています。
通常インターネット通販にて販売しているお米を、店舗で土鍋釜を使って炊き上げた「ご飯=銀シャリ」として提供することで、お客様がお米そのものの「甘み」を確認し、安心してお米を購入することが可能となります。さらに、店舗での「銀シャリ体験」したお米を、ご自宅用や、季節の贈り物、結婚・出産の内祝いなどのギフトとして、インターネットから注文ができます。
「銀座米料亭」は、お客様が「お米」を「ご飯」の状態で確かめて安心して選ぶ事の出来る、新しいお米屋の「体験から購入」というビジネスモデルの構築と、産地銘柄以外でのお米の選び方を発信するお米屋としてのブランドの確立、さらに実際の店舗で体験したお米をインターネットで購入する仕組み、すなわち“お米屋のO2O(on line to off line) ”を体現した「お米屋のアンテナショップ」としての役割を果たします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング