新社長兼 CEO にヴィクトリア・M・ホルトが就任

PR TIMES / 2014年2月20日 17時47分

米国ミネソタ州メープルプレイン発-IT 技術を駆使したオンライン短納期製造システムで業界をリードする Proto Labs, Inc.(NYSE:PRLB)は、ヴィクトリア・M・ホルトが 2 月 6 日付で社長兼 CEO に就任したことを発表しました。ホルト CEO は、「グローバル・フォーチュン 500」にランクインしている、製造、化学、産業資材など幅広い業界の企業で、30 年以上にわたって指導的役割を果たしてきました。ホルトは、2013 年 10 月 31 日に CEO の辞任を表明したブラッド・クリーブランドの後任を務めます。

直近では、ホルトは評価額 12 億ドルのサステナブル プラスチック シート、化合物およびパッケージソリューションの主要上場企業 Spartech Corporation(NYSE:SEH)の社長兼 CEO として企業再建を成し遂げ、わずか 2 年で営業利益を 73%増加させました。この企業再建が奏功し、2013 年 3 月には、Spartech の PolyOne Corporation(NYSE:POL)への現金および株式による売却が実現しました。その際のプレミアムは買収発表時には 56%、最終的には 106%で成立しました。Spartech 以前は、コーティングおよび特殊製品の主要メーカー PPG Industries, Inc.でガラスおよびガラス繊維担当シニアバイスプレジデントを務めました。また、Monsanto Company とその分社 Solutia, Inc. では、マネジメントやセールス、マーケティング部門でさまざまな指導的役職を歴任しました。

Proto Labs 創業者で取締役会会長のラリー・ルーキスは次のように述べています。「ホルトには、大規模かつ多様な事業を展開する主要企業において、増益と株主価値の向上を実現した実績があり、Proto Labs の陣頭指揮を執るのに申し分のない人選です。ホルトを取締役会に迎え入れることを大変うれしく思っています。同氏の実行力、熱意および経営手腕は当社の社風にふさわしく、当社のさらなる飛躍を実現するうえで、そのリーダーシップに期待しています」

ホルトは次のように述べています。「テクノロジーを基盤とする製造業での長年にわたる経験から、私は Proto Labs がお客様に提供する独自の価値を深く理解し、高く評価しています。製品化までの時間短縮、新製品投入に伴うリスクの軽減および費用削減といった価値提案は非常に有意義なものです。Proto Labs はこの価値を、優れたテクノロジー、オペレーショナル・エクセレンス、設計技術者向けの豊富なサービスと共に提供しています。この度、当社の市場地位と競争優位性を生かして顧客基盤を拡大し、株主価値を向上する機会を得られたことを大変光栄に思っております。Proto Labs には、これまでに培ってきたコラボレーション力とリーダーシップを早期に発揮できる実績ある経験豊富なマネジメントチームがあります」

ブラッド・クリーブランドの退任に際して、ラリー・ルーキスは次のように述べています。「取締役会を代表して、CEO としてのブラッドの貢献に感謝します。彼の優れた組織力とチーム組成の手腕によって、当社は今日の姿となり、株主の皆様やお客様、パートナー様に価値を提供し続けることができました。取締役会は CEO の万全の引き継ぎを行うことで、新 CEO のリーダーシップの下で、当社が成長の勢いを維持できると確信しています。ホルトには当社のこれまでの実績や強力な基盤の上にさらなる成功を長期にわたって重ねるための経験があります」

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング