ヴァイオリン界のスーパースター“ヴァスコ・ヴァッシレフ” 遂に日本デビュー!!

PR TIMES / 2012年6月5日 14時21分



史上最年少、23歳の若さで伝統の英国ロイヤル・オペラハウスのコンサートマスターに任命されたヴァイオリニスト。
スティングや、マイケル・ジャクソンとの共演や、あのオーディション番組X-Factorのブルガリア版の審査員を努めるなど、クラシックの枠を超えての活躍をみせています。


巧みな技術はもちろんのこと、見所は彼のパフォーマンス!
ヴァイオリニストという概念すら飛び越え観客を魅了する彼の演奏は一見の価値あり!

ヴァイオリン界のスーパースター、
“ヴァスコ・ヴァッシレフ” 率いる“LAUREATE”による「ヴィヴァルディ 四季」
10代で世界3大ヴァイオリン・コンクール~ロン=ティボー国際コンクール、パガニーニ国際コンクール、カール・フレッシュ国際ヴァイオリン・コンクール~の最高位を受賞。
ヴァネッサ・メイとの共演でも知られる、“パペラ・ニコルソン”によるアレンジヴァージョン!!


【リリース情報】


RELEASE: 2012.6.6
No. : YZDI-10044
¥2,500(tax in)

■ 収録曲 ■

01. ≪春≫ 第1楽章:Allegro
02. ≪春≫ 第2楽章:Largo
03. ≪春≫ 第3楽章:Allegro

04. ≪夏≫ 第1楽章:Allegro non molto-Allegro
05. ≪夏≫ 第2楽章:Adagio
06. ≪夏≫ 第3楽章:Presto

07. ≪秋≫ 第1楽章:Allegro
08. ≪秋≫ 第2楽章:Adagio molto
09. ≪秋≫ 第3楽章:Allegro

10. ≪冬≫ 第1楽章:Allegro non molto
11. ≪冬≫ 第2楽章:Largo
12. ≪冬≫ 第3楽章:Allegro




【ヴァスコ・ヴァッシレフ Profile】

数世紀の歴史を誇る、コヴェントガーデン・ロイヤルオペラハウスの第一ソロコ
ンサートマスター(ロンドン最高地位のコンサートマスター)として ヨーロッ
パの音楽界に君臨するヴァスコ・ヴァッシレフ。
1970年ソフィア生まれの彼は、既に10代で世界3大ヴァイオリン・コンクール~
ロン=ティボー国際コンクール、パガニーニ国際コンクール、カール・フレッ
シュ国際ヴァイオリン・コンクール~の最高位を受賞。
その後、最年少にしてロイヤルオペラハウスのコンサートマスターに就任。
現在、そのロイヤルオペラハウスの入り口には、天井まである雄大な彼の写真が飾られている。

一方では、ザ・ローリング・ストーンズのロン・ウッド、スティング、イレイ
ジャーなどクラシック以外のジャンルのミュージシャンとのコラボレーションも成功させ、アーティストとしての幅を着実に広げ続けている。
また、世界中で有名な賞を受賞しているミュージシャンで結成されたインス
トゥルメンタル・グループや、スーパー・ガールズ・オーケストラのアコース
ティック・ディレクター&リーダーを務め、クラシックとポップスを融合させ
た新しいジャンルのエンターテイメント・ショーを披露。
ロイヤル・アルバート・ホールでは、指揮者として見事なイギリス・デビューを果たした。
近年、ロイヤルオペラハウスのクリエイティヴ・プロデューサーに就任。 現
在、中国を第二の拠点として活躍する彼は、新しいテレビプロジェクトや劇場
プロジェクトも手掛けている。

加えて、祖国ブルガリアでは、プルガリア国立放送交響楽団の指揮者としてツ
アーやレコーディングも行い、彼のコンサートには3万人以上の観客が押し寄せ
る。
毎回、そのチケットは入手困難、街を歩けばたちまち多くのファンに取り囲まれてしまうほどの大人気スターである。
まさに彼こそ、今をときめく逸材、世界トップランクのマルチ・ヴァイオリニストなのである。
ロンドンでは他のトップオーケストラでのコンチェルト演奏、ソロ活動を行い、祖国ブルガリアでは3万人を集客するコンサートを開催し、街を歩けば多くのファンが集まる“ヴァスコ・ヴァッシレフ”
遂に日本デビュー!!

web page
http://www.vaskovassilev.com/


JP Staff Twitter
@Vasko_JPStaff



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング