大規模メール環境に最適なメールアーカイブソリューション提供~メール監査厳格化と導入コスト大幅削減機能を実装した「MailBase V4」~

PR TIMES / 2012年4月24日 12時5分



サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:秋田健太郎)は、大規模メール環境へ適した機能強化を実現した電子メール監査・メールアーカイブソリューション「MailBase V4」(メールベース バージョン4)を5月14日より提供開始することを発表します。
■MailBase V4 >>> http://www.cybersolutions.co.jp/product/mailbasev4/?pr=120424

サイバーソリューションズが提供する「MailBase」は、企業内の全ての送受信メールと添付ファイルを長期的に保存し、高速検索を可能にする電子メール監査・メールアーカイブソリューションです。
「MailBase」は、メールサーバのメールデータを長期保存(アーカイブ)し、内部統制や訴訟対策として必要なメールを検索・抽出する機能などを提供します。内部統制やコンプライアンス対策のほか、企業内の個人メールの再活用にも効果的であることが評価されて、すでに国内で300社以上の企業で利用されている実績があります。 国内メーカー製のメールアーカイブ&メール監査システムとして、3年連続でシェアNo1(※)を獲得しています。 (※)富士キメラ総研「2011ネットワークセキュリティビジネス」より
また、NotesやExchangeなどの複数のメールサーバとシームレスに連携し、メールアーカイブを実現。全ての送受信データから多面的に検索が可能になります。

メールアーカイブ市場は、コンプライアンス強化や内部統制の機運の高まりにより、市場規模として年率約140%で拡大しており、IT全般の統制やコンプライアンスを重視している先進的な大手企業を中心に導入が進んでいます。

今回、機能強化した「MailBase V4」は、大規模メール環境における運用管理の負荷軽減し、企業の統廃合等によるシステム変更を簡便化して、ストレージの導入初期コストの低減などを実現します。
「MailBase V4」は、数千人規模のアカウント有する大規模なメール環境に適した各種新機能を提供します。M&Aやグループ企業の再編や統合などの経営環境の変化や組織改編などに、柔軟に対応できる管理機能を有します。またメール監査機能の強化と、Outlookメールの連携、グローバル対応の機能を新たに提供します。

「MailBase V4」の機能強化において、大規模メール環境の運用負荷の軽減に加えて、ストレージのコンパクト化の実現により、大容量データ保存のためのストレージ装置に係る初期導入コストを大幅に低減できます。
たとえば、過去のデータの保存、検索では、オプション機能として、Windows環境のスタンドアローン版を利用して、Windows PCの安価なストレージ環境にデータを移して運用する新機能も利用できます。通常はアクセスする頻度が低い古いメールを、ローコストのストレージで保存するにより、初期のストレージコストを低減できます。また、同一IDのメールを、1通としてアーカイブすることにより、重複して保存することを省き、ディスク容量の削減ができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング