フランスで110年続く 世界の名門・名家が愛したショコラメゾン「Hirsinger」 銀座チョコレートストリートに世界2店舗目を開店

PR TIMES / 2012年1月12日 10時13分



フランスが認めた国家最優秀職人賞(M.O.F)を受賞したショコラティエのメゾン Hirsinger(イルサンジェー)が、世界2店鋪目の店鋪を、高級ショコラが集まる東京銀座のショコラストリートにオープンしました。


【戦争を乗り越えたショコラメゾン「Hirsinger」 ブランドの軌跡】

フランス ジュラ地方で110年続く老舗ショコラトリーHirsingerは、1900年1代目当主 オーギュスト・イルサンジェーが、職人たちが数多く集まるジュラ地方でスタートさせました。

その後1914年、第一次世界大戦が勃発し、ドイツ軍に土地を占領され、フランスの数多くの職人たちがスイスに亡命しても、Hirsingerのショコラメゾンはジュラ地方から離れる事なくお店を続けます。
Hirsingerのジュラの土地への強い愛着は、住人たちの支持を受け、第一次・第二次世界大戦を乗り越え、110年以上続く老舗ショコラトリーとなったのです。

1代目、2代目、3代目、そして現在当主4代目と、
父から子へ引き継がれてきたその技術は、世界でも高い評価を得るまでになりました。


【現当主エドワール・イルサンジェーは、人間国宝 M.O.Fの勲章を授章したショコラティエ】

フランス国家最優秀職人賞とは、1913年から続く人間国宝に相当する勲章。
3年に一度開催され、フランス大統領の名においてメダルを与えられ、トリコロールカラーの襟がついたコックコートの着用が認められる、フランスでは知らない人はいない名誉ある勲章です。
Hirsinger4代目当主エドワール・イルサンジェーは、ショコラティエ部門で1997年にM.O.Fを受賞。ショコラティエ部門のM.O.Fは、世界に18人しかいないため、彼の称号は希少性の高い勲章で、それをきっかけにHirinsgerブランドは、フランス本国だけでなく、世界的に知られるショコラティエとなったのです。

銀座ブティックは、その4代目が制作したショコラはもちろん、本場フランス本店で100年守られてきたショコラを本店以外の場所で楽しむ事ができる世界初の店鋪。
約70種類の手作りのショコラを、本国から直輸入しております。


【世界でたった2人の職人が作り出す、全て手作りで作られたショコラ作品】

Hirsinger一族が作るショコラは、全て手作り。
全行程含め5~6日間かけて作られています。

1つ1つのショコラは「カカオの深い苦み」が特徴。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング