YouTubeを活用した動画マーケティング支援サービスを開始 ~ 公式チャンネルの戦略策定から最適な広告出稿まで統合的にサポート ~

PR TIMES / 2013年12月11日 13時2分

ソーシャルメディアマーケティング支援の株式会社トライバルメディアハウス(本社:東京都港区 代表取締役社長:池田 紀行 以下 トライバルメディアハウス)は、世界最大の動画共有サイトYouTubeを活用した動画マーケティング支援サービスを開始します。ソーシャルメディアの運用支援やWebプロモーション支援で培ったノウハウを活かしながら、戦略的な動画マーケティングを支援します。



●サービス開始の経緯

総務省 情報通信政策研究所が2013年に発表した情報通信メディアに関する報告書によると、若者の1日あたりのテレビ視聴時間は10代が102分、20代が121分であるのに対し、インターネット利用時間は10代では108分、20代で112分という結果が出ています。これは、10代のインターネット利用時間とテレビ視聴時間が逆転し、20代においてもその差が拮抗してきているということです。生活の中で接触するメディアは若年層を中心にテレビからインターネットへ着実に移行しており、従来のテレビCMではリーチできない生活者層は今後、ますます拡大していくことが予想されています。

一方、2005年にサービス提供を開始したYouTubeは、現在世界1位の動画共有サイトとなり、月間10億人が利用するサービスに成長しています。国内でも最大の動画共有サイトであり、月間利用者はデスクトップ2,512万人以上、モバイル1,861万人以上となっています。(2013年7月~9月の平均値) また、YouTubeの広告システムの整備によってマーケティングの場としても進化しており、商品プロモーション・ブランドコミュニケーションを目的とした企業利用も急速に進んでいます。

そのような背景をふまえ、トライバルメディアハウスはYouTubeの動画を活用した生活者への効率的なアプローチと、中長期的なコミュニケーションの支援を開始します。


●YouTubeを活用した動画マーケティングとは?

1. 従来型のテレビCMだけでなく、テレビ離れが進んだ層へのリーチ拡大

現在、YouTubeは広告媒体を持つウェブサイトとして、Yahoo! Japanに次ぐ媒体規模を誇ります。また、ソーシャルメディアとしても最もユーザー数の多いサービスです。そのため、テレビ離れが進んだ生活者や若年層へのリーチが可能です。また、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアと連携することでリーチをさらに拡大できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング