最適設計支援ツールOptimus 最新バージョン10.6国内出荷開始のお知らせ

PR TIMES / 2012年5月30日 12時5分



~応答曲面・データマイニング機能が大幅に機能拡張され、詳細な分析が可能に。
各種ダイレクトインタフェースを追加・改良、設計者が簡単に使える最適化環境を実現。


サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、グループのNoesis Solutions NV(本社:ベルギー王国 ルーベン市、以下「ノエシス」)が開発・販売・サポートする最適設計支援ツール「Optimus(R)(オプティマス)」の新バージョンRevision 10.6(以下「10.6」)の販売を2012年5月30日より開始することをお知らせいたします。

Optimusは、CADやCAEを使用した製品開発の効率を改善し、品質の向上を図ることができる最適設計支援ツールとして、自動車分野をはじめ、航空宇宙や精密機械などの様々な分野において活用されております。

今回のバージョンアップでは、応答曲面法とデータマイニング機能を強化することで、より詳細な設計空間の分析を行えるようになりました。また、ユーザーの利便性を向上するためのダイレクトインタフェースを追加・改良し、開発期間の短縮及び高品質な製品設計が可能となり、「設計者が簡単に使える最適設計支援ツール」を実現いたしました。

======================================================================
追加された主な新機能
======================================================================
■応答曲面手法と精度の自動判定機能の追加
応答曲面式を新たに11手法追加し、それらによって作成された応答曲面の精度を自動判定する機能を追加いたしました。従来のバージョンは、複数の応答曲面を同時に作成することができませんでした。また、手動で異なる手法による応答曲面を作成していたため、結果を比較する手間が発生しておりました。しかし、この新機能を用いることで、複数の応答曲面を異なる手法でまとめて作成し、最も精度の高い応答曲面を自動選択することが可能になりました。

■データマイニング機能の追加
Optimusの特徴の一つであるデータマイニング機能がさらに強化されました。
設計変数が出力値に及ぼす影響を算出することができる「SOBOL Indices(図1)」を新規搭載いたしました。従来の寄与度図に加えて、SOBOL Indicesを用いることで、より多角的に影響度をグラフィカルに確認することができます。
また、各サンプリングの分類を行い、パラメータの相関性を把握することができる「自己組織化マップ(SOM)(図2)」を新規搭載しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング