日立電線ネットワークス株式会社とRed Lion Controls 社 販売代理店契約を締結~ 社会インフラ向け産業用イーサネット製品を販売開始

PR TIMES / 2014年8月7日 11時55分

このたび、日立電線ネットワークス株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長 筒井輝明、以下「当社」といいます)は、Red Lion Controls, Inc.(本社:米国 ペンシルバニア州ヨーク市、社長:Mike Granby、以下「Red Lion 社」といいます)と販売代理店契約を締結し、Red Lion 社が提供する代表ブランド「Sixnet」、「N-Tron」を中心とする産業用イーサネット製品を日本国内で販売することとなりました。



Red Lion 社の産業用イーサネット製品は、-40℃~85℃という耐温度性能やIP67 防塵防水構造で耐環境性能を有すなど頑丈な製品であり、これらの製品群は全世界に提供されています。チリの落盤事故においては、地下約700mからの救出劇を支えるなど、悪環境における使用例を含めて豊富な導入実績を有しています。
昨今、社会インフラを支える監視システムおよび制御システムは、アナログからデジタルへの移行が急速に進んでいます。こうしたデジタル化の進展を背景に、当社は、社会インフラ向けイーサネットベースのネットワークソリューションを提供してきました。このたびRed Lion 社の製品を取り扱うこととなり、お客さまに対してより幅広い選択肢をご提供することで、社会インフラ市場におけるネットワークソリューション事業を拡大してまいります。産業用イーサネット製品の詳細は、以下のURL からご覧いただけます。
http://www.hitachi-cnet.com/products/industry/

今回の代理店契約締結に関し、Red Lion 社 社長のMike Granby 氏は、次のように述べています。
「Red Lion 社の世界的な販売網に、日立電線ネットワークスが加わっていただくことになったことを歓迎します。今日のRed Lion 社の成功は、全世界に渡る多くのパートナーとの協業によってもたされました。我々は、長期低迷から復活しつつある日本経済に着目しています。日立電線ネットワークスを通じて、革新的なRed Lion 社製品を日本のお客さまへ提供することが可能となり、日本国内の社会インフラシステム投資需要にお応えしてまいります」

【販売目標】 社会インフラソリューション 10 億円

【日立電線ネットワークス株式会社】
日立電線ネットワークスは、日立金属グループのネットワークインテグレーション会社です。日立金属(旧・日立電線)から継承した20 年以上のシステム構築実績を生かし、「ネットワーク」、「セキュリティ」、「ビジュアルコミュニケーション」、「トータルマネジメントサービス」のフィールドで、企業をはじめ大学や官公庁向けにワンストップのトータルネットワークソリューションをご提供しています。導入事例、ソリューション、取り扱い製品の詳細は、以下のURL からご覧いただけます。
http://www.hitachi-cnet.com/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング