「国際平和フォーラムひろしま」を9月4日に開催

PR TIMES / 2012年8月16日 9時56分



 人類初の原子爆弾による破壊から復興した地、広島。
 「国際平和フォーラムひろしま」では、各分野のリーダーや研究者、実務家による議論を通じて、復興の経験を基に、広島が世界平和構築のために担う使命と役割を考えていきます。
 国際平和に向けたこれからの取組について、一緒に考えていきましょう。

■ 開催日時・場所等
  平成24年9月4日(火) 13:30~16:30(開場12:45)
  広島国際会議場 国際会議ホール「ヒマワリ」
   (広島市中区中島町1-5広島平和記念公園内)
  入場無料、日英同時通訳付き

■ テーマ
 「世界の復興・平和構築における広島の可能性」

■ プログラム
(1) あいさつ(13:30~13:40)
 ・明石 康氏 元国連事務次長、(公財)国際文化会館理事長(ビデオメッセージ)
(2) リーダーズトーク(13:40~14:20)
  「平和構築のために広島が担う使命と役割」
  広島の各分野のリーダーが、平和構築への貢献の意義と取組への意思表明を行います。
(出演者)
 ・浅原 利正氏 広島大学学長
 ・アレクサンダー・メヒヤ氏 ユニタール広島事務所長(ビデオメッセージ)
 ・西宮 宜昭氏 (独)国際協力機構(JICA)中国国際センター所長
 ・松井 一實氏 広島市長
 ・湯崎 英彦  広島県知事 
(3) パネルディスカッション(14:30~16:30)
  「人材育成を中心に、広島の平和構築への取組を考える」
  広島のシンボル性や蓄積を活かした平和人材育成の意義を確認し、今後の取組の方向性について考えます。
(コーディネーター)
 ・上杉 勇司氏 広島大学大学院国際協力研究科准教授
(パネリスト)   
 ・アフマド・ファワド・アクバリ氏
  ユニタール2009年アフガニスタン奨学プロジェクト研修生
 ・大森 邦子氏 社会福祉法人日本国際社会事業団常務理事
 ・椎名 規之氏 特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム事務局長
 ・ナスリーン・アジミ氏 ユニタール本部長付特別上級顧問
 ・水本 和実氏 広島市立大学広島平和研究所副所長(教授)    

■ 主催
  国際平和拠点ひろしま構想推進連携事業実行委員会(広島県・広島市)
   ※国際平和拠点ひろしま構想については、こちらをご覧ください。     
   http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/peace/

■ 申込み
  広島県ホームページのこちらをご覧ください。
   http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/232/kokusaiheiwaforum.html

■ 問合せ
  広島県地域政策局 平和推進プロジェクト・チーム
  TEL:082-513-2366  FAX:082-228-1614 
  メール:chiheiwa@pref.hiroshima.lg.jp


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング