全国の要支援・要介護者における認知症患者数は204万人、疑いまで含めると255万人に

PR TIMES / 2013年1月28日 14時9分

~ケアマネジメント・オンライン 認知症に関する介護現場の実態調査結果調査より~

ケアマネジャーに対して実施した認知症に関する調査結果を掲載
・介護サービス利用者の45%は認知症患者、認知症の疑いがある利用者を含めると56%
・ケアマネジャーの関心事は「利用者・家族への接し方」「家族の負担軽減」の次に「認知症の薬物」
・ケアマネジャー全体の3/4以上が、認知症の薬物療法について利用者や家族に伝えたいと考えている。



株式会社インターネットインフィニティー(本社:東京都中央区、代表取締役社長別宮圭一、http://iif.jp/)は、同社が運営するケアマネジャー※向けポータルサイト「ケアマネジメント・オンライン( http://www.caremanagement.jp/ )」において介護現場における実態を把握することを目的に毎月調査を実施しております。
 この度、介護現場における認知症実態について調査を実施致しました(有効回答数530人)。主な結果は以下の通り。
※ケアマネジャー・・介護保険法において要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、居宅サービス計画(ケアプラン) を作成し、他の介護サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめる都道府県認定の公的資格を有する専門職


■主な調査結果(1)
介護サービス利用者の45%は認知症患者、認知症の疑いがある利用者を含めると56%
 ・介護度が上がるほど認知症患者は増加し、要介護3以上では約60%に達した。
 ・利用者人数が最も多い要介護2でも、疑いまで含めると過半数に認知症の可能性があるという結果となった。
 ・要介護5では、実に4人に3人が認知症または認知症疑いという結果となった。


在宅介護サービスを提供するケアマネジャー(n=530)が担当する要支援・介護者(合計14,376名)のうち45.1%は、認知症の診断を受けていた (図1)。


厚生労働省の介護給付費実態調査※(2012年7月審査分)の利用者数を元に換算すると、実に204万人が認知症の診断を受けているという結果となった。また疑いまで含めると更に51万人増え、合計で255万人の推計数となった(図2)。


■主な調査結果(2)

・認知症についてケアマネジャーの関心事は「ご利用者本人への接し方」「ご家族との接し方」「ご家族の負担軽減」「認知症の薬物療法」「BPSDへの対応」の順でTOP5に。応対を除く情報ニーズでは「薬物療法」のみランクイン。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング