ザイリンクス、IBC 2012 に出展

PR TIMES / 2012年8月31日 11時54分



ザイリンクス、IBC 2012 に出展


All Programmable 製品がブロードキャスト分野のイノベーションと差別化を実現


ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX)は 8 月 30 日 (米国時間)、システム統合性を向上させ、ブロードキャストシステムの新機能の開発時間を短縮するプログラマブル ソリューション群の展示を 9月 6 日からアムステルダムで開催される IBC 2012 で行うと発表した。

展示会名:
IBC 2012

場所:
アムステルダム(オランダ)、RAI Exhibition and Congress Centre
スタンド #10.B25、ホール 10

期日 :
カンファレンス : 2012 年 9 月 6 日 ~ 11 日
展示会 : 2012 年 9 月 7 日 ~ 11 日

さらなる高画質のビデオを求める消費者が増大する中、放送機器分野のエンジニアは、コスト効率の高い高性能のビデオやオーディオ、ネットワーク システムを提供するという課題に直面している。ブロードキャストの世界ではトレンドが常に変化しているだけに、エンジニアにとってもより柔軟なソリューションをシステムに採用しておく必要性が高まっている。ザイリンクスではこうしたニーズに応えるため、デザインからプロダクションに至るまで柔軟な適応が可能な All Programmable なデバイスとソフトウェアにスポットを当て、放送機器業界で常に進化を続けるコンテンツ配信・表示の各種規格に対応できるようにしていく。

ザイリンクスのブースでは、ザイリンクスの FPGA を使うことでいかに設計者の生産性が上がるかを体感することができる。ザイリンクスの FPGA とZynqTM-7000 All Programable SoC には高帯域幅のコネクティビティとプロセッシング能力のほか、プログラマブルな機能が備わっているため、エンジニアは カメラ、スイッチャ、マルチビューア、ディスプレイなどの放送機器の開発で、製品の差別化、市場投入時間の短縮、統合性とパフォーマンスにすぐれた各種システムの設計に集中することができる。ザイリンクスでは放送機器
分野のアライアンス プログラム メンバー各社と協力して、以下のようなデモを行う予定である。

・Zynq-7000 All Programable SoC デモ: OmniTek 製の 2D グラフィックコア上でQt Linux と KC705上で生成されたウェブページを表示するブラウザで、マルチビューアを制御するデモを展示。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング