1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【イベントレポート】「スポーツ祭東京2013」キックオフ・フェスティバル~村主章枝さんと本田望結ちゃんがリンクで舞う!~

PR TIMES / 2012年12月11日 13時15分

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1日スペシャルサポーター 村主章枝さんと本田望結ちゃんがリンクで舞う!
第2回 ゆりーとダンスコンテストも開催!
「スポーツ祭東京2013」キックオフ・フェスティバル
~ここからはじまる、2013東京スポーツイヤー。~
冬季国体いよいよ開催!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



東京に 多摩に 島々に 羽ばたけアスリート」のスローガンの下、スポーツ祭東京2013実行委員会は
平成25年に多摩・島しょを中心に都内全域で開催するスポーツ祭東京2013
(第68回国民体育大会・第13回全国障害者スポーツ大会)の幕開けとして
「スポーツ祭東京2013 キックオフ・フェスティバル ~ここからはじまる、2013東京スポーツイヤー。~」を、
12月9日(日)に東京国際フォーラム展示ホール2にて開催いたしました。

本イベントには、1日スペシャルサポーターとしてトリノ五輪女子フィギュアスケート選手の村主章枝さん、
人気子役タレントの本田望結ちゃんにご登場いただき、開会セレモニーでモニュメントの除幕を行った他、
様々なプログラムに参加していただきました。さらに、ロンドン五輪競泳女子400メートルメドレーリレー
銅メダリスト加藤ゆかさん、三大会連続のパラリンピック出場を果たした女子走り幅跳び佐藤真海さん、
お笑いコンビのフルーツポンチのお二人もスペシャルゲストとして、イベントを盛り上げてくださいました。

スポーツ祭東京2013冬季大会で行われる競技の楽しさを体感できる様々なプログラムや、都外会場で
ある福島県郡山市の魅力を伝える特設ブース、野菜などの特産品物販ブース等もご用意し、
スポーツ祭東京2013の醍醐味を一足早く感じていただけるイベントとなりました。 当日は1万6千人以上
の方々にご来場いただき、多くに人でにぎわいました。

【開催概要】
名 称 :スポーツ祭東京2013キックオフ・フェスティバル ~ここからはじまる、2013東京スポーツイヤー。~
日 時 :平成24年12月9日(日)10:00~18:00
会 場 :東京国際フォーラム B2F 展示ホール2
内 容 : ・村主章枝さんと一緒に滑れるスケートプログラム
    ・本田望結ちゃんがリンクで舞う!フィギュアスケート披露
    ・フルーツポンチ(お笑いコンビ)と小学生がスポーツ体験
    ・第2回ゆりーとダンスコンテスト
    ・「東京自慢市」東京のおいしいグルメの出店
    ・お子様をはじめ誰でも楽しめるスケートリンク無料体験
    ・2020年オリンピック・パラリンピック招致PR ほか
URL : http://kickoff-fes-sports-sai-tokyo2013.jp


【プログラム内容】
■開会セレモニー
トリノ五輪女子フィギュアスケート選手村主章枝さんと、人気子役タレントの本田望結ちゃんが
1日スペシャルサポーターとして登場し、東京都スポーツ振興局長細井優より記念として
「ゆりーと」ぬいぐるみを授与されました。
村主さんは、『今日は、スポーツ祭東京2013を盛り上げていきます。』と挨拶を行いました。
望結ちゃんは、『私も毎日フィギュアスケートを頑張っていますが、今日はもっとスポーツを
盛り上げていきたいです。』と笑顔でコメントしました。
また、ロンドン五輪競泳女子400メートルメドレーリレー銅メダリスト加藤ゆかさん、三大会連続の
パラリンピック出場を果たした女子走り幅跳び佐藤真海さんがスペシャルゲストとして登場し、
来年開催されるスポーツ祭東京2013、東京2020オリンピック・パラリンピック招致への
メッセージをコメントしました。
佐藤さんは、『来年のスポーツ祭東京2013では、国民体育大会と全国障害者スポーツ大会が
初めて一緒に開催されるということで、選手としてもしっかり盛り上げていきたいです。』と話し、
スポーツ祭東京2013への期待感を語っていました。
最後には、「ゆりーと」と一緒に氷でできた
「氷のゆりーと」モニュメントの除幕を行い、キックオフ・フェスティバルが華やかに開会いたしました。

■みんなですべろう!スケートリンクプログラム
会場には、来場者は誰でも楽しめるスケートリンクが登場!スケートプログラムでは、大人っぽく
テンポの早い曲調の音楽に合わせて本田望結ちゃんが可憐な滑りを披露しました。
望結ちゃんが大好きな技だというスピンを披露すると、会場からは大きな拍手が送られました。
滑り終えた望結ちゃんは、「楽しく滑ることができました。」と笑顔でコメントしました。
村主選手も現役選手ならではの早いスケーティングを披露。
その後は、子どもたちにスケートを教えながら一緒に楽しんで滑っていました。

■「ゆりーと」と踊る、ダンス教室
スポーツ祭東京2013の成功と、スポーツを通じて日本を元気にしようという願いが込められた
「ゆりーとダンス」のダンス教室を開催。
スポーツ祭東京2013のマスコットキャラクターの「ゆりーと」と、ダンスが大好きだという
本田望結ちゃんは、来場している子供たちと一緒に「ゆりーとダンス」を踊りました。
音楽に乗って踊りきった望結ちゃんは、「最初はちゃんと踊れるか不安だったけど、
すごく楽しかったです。」とコメントしました。

■各都県PRステージ 
秋田県・福島県・東京都によるPRステージを実施しました。
東京都のPRステージでは、村主章枝さん、加藤ゆかさん、佐藤真海さんによる「スポーツの楽しさ」
「とっておきの独自練習プログラム」などに関するパネルディスカッションを行いました。
「国体の魅力」について聞かれると、村主さんは「他の試合では単独で行動することが多いのですが、
国体は学生同士でワイワイできるというところが魅力。」と話すと、加藤さんも「お祭り気分で楽しめる
気がする。」と国体の魅力について語っていました。
また、ゲストとして本田望結ちゃんが「ゆりーと」と一緒に登場。
望結ちゃんは、選手のみなさんへの質問として、「自分の競技以外で好きなスポーツは何ですか?」と
尋ねると、村主さんは「フィギュアに通じるシンクロナイズドスイミングや新体操が好き。
あとは、なぜか柔道はつい見てしまう。」、加藤さんは「球技スポーツは自分でプレイするのは苦手ですが、
観戦するのは好きです。」と応えました。佐藤さんは、「水泳・マラソン・自転車の3種目で競う
トライアスロンが好きで、最近始めました。」と話すと、望結ちゃんは「私は、水泳とマラソンは
すごく好きだけど、自転車だけは乗れないの。」とコメントすると、会場からは笑いが湧きおこりました。
また、望結ちゃんは「今は、滑って踊れる女優さんをなりたい。大きくなったらどちらかに決めなきゃ
いけないけど。」と、目標や将来の夢を語りました。

■「フルーツポンチ」と小学生のなわとび体験
世界各国で活躍する「なわとび」指導者のロック・ジャネットさんの指導のもと、
お笑いコンビ「フルーツポンチ(亘健太郎、村上健志)」と小学生が一緒に「なわとび」を体験。
世界レベルのデモンストレーションに挑戦しました。

■第2回ゆりーとダンスコンテスト
来年9月28日(土)に開催する第68 回国民体育大会総合開会式と10月12日(土)に開催する
第13 回全国障害者スポーツ大会開会式のオープニングプログラムにおいて、「ゆりーとダンス」を
一緒に踊っていただく方々を選出する第2 回「ゆりーとダンスコンテスト」を実施いたしました。
今回のコンテストでは、キッズ部門7チーム、一般部門5チームの計12チーム総勢215名の方々が
出場しました。
審査員は、ゆりーとダンス「ニッコリ・ファイト!」の作詞・作曲と振り付けを担当した
濱田“Peco”(ペコ)美和子さん他、2名が行いました。 どのチームも衣装やフォーメーションを
工夫しながら、可愛らしく「ゆりーとダンス」を披露。
全チームの演技が終わると、審査結果が発表されました。キッズ部門は「グリーンHOP(江戸川区)」、
一般部門では「SHCフェアリーズ(調布市)」が見事優勝し、濱田“Peco”(ペコ)美和子さんと
東京都スポーツ振興局長細井優より賞状が手渡されました。


※参考資料
《スポーツ祭東京2013とは》
平成25年に東京都で実施する「第68回国民体育大会」と「第13回全国障害者スポーツ大会」を
一つの祭典として開催するスポーツイベントです。「東京に 多摩に 島々に 羽ばたけアスリート」の
スローガンの下、多摩、島しょ地域を中心とする都内全域で開催いたします。
東京都における国民体育大会(国体)の開催は、昭和34年の第14回大会以来、54年ぶり3回目、
全国障害者スポーツ大会は初めての開催となります。

《スポーツ祭東京2013 マスコットキャラクター「ゆりーと」について》
「ゆりーと」は、都民の鳥「ゆりかもめ」がモチーフです。「アスリート」や 多くの人々が、東京都を舞台に、
夢と目標に向かって羽ばたいていくよう、 スポーツ祭 東京2013を応援します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング