テラスカイ、Magic QuadrantのiPaaS分野で「ニッチ・プレイヤー」の評価

PR TIMES / 2014年2月5日 13時12分

 クラウド・インテグレーションとシステム連携に特化したサービスやソフトウェア開発を行なう株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、米ITアドバイザリ企業ガートナー社が先ごろ発表した「Magic Quadrant for Enterprise Integration Platform as a Service[i]」レポート で、ニッチ・プレイヤーのクアドラントに位置付けられたことを発表しました。

 Magic Quadrantは特定の市場におけるリサーチの集大成であり、市場内で競合するベンダーの相対的な位置付けを広い視野から提示するものです。ガートナー社によると、「評価プロセスにおいて、各ベンダーのiPaaS製品(プロダクト若しくはサービス)の機能面での能力に、特に注目しました。従って、それぞれのベンダーの提供製品と市場実績を下記のカテゴリで調査しました。

● Degree of cloudiness: クラウド性
● Enterprise worthiness: エンタープライズ信用性
● Functional completeness (breadth of offering): 機能の完全性
● Openness: オープン性
● Developers' productivity and ease of operation: 開発者の生産性と操作性
● Community collaboration/crowdsourcing: コミュニティ・コラボレーション/クラウドソーシング
● Versatility: 汎用性

 この発表について、テラスカイ 代表取締役社長 佐藤 秀哉は以下のように述べています。
「今回のMagic Quadrantに、弊社テラスカイのクラウド型システム連携ツールが評価されました。これは、私どもがグローバルプレイヤーとして認知されたことの裏付けと考えております。今後、クラウド市場の成長を見込んだ弊社サービスのロードマップの実行と、さらなる技術革新により、弊社及び弊社サービスのマーケット・ポジションが強化されてゆくものと確信いたしております。」

<株式会社テラスカイについて>
テラスカイは、クラウドとシステム連携を核とするソフトウェア開発・コンサルティング事業等を行なっています。創業時よりセールスフォース・ドットコム社のコンサルティングパートナーとして、多くのお客様への導入サービスを行なってきました。その実績により培ったノウハウを基に、クラウド型システム連携ツール『SkyOnDemand』など、お客様の業務効率を高める革新的なソリューションを提供しています。テラスカイの詳細はhttp://www.terrasky.co.jp/ にてご覧いただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング