SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2014 AWARD CEREMONY PARTY supported by MOET & CHANDON

PR TIMES / 2014年6月11日 9時43分

市原隼人さん、神田うのさん等、各界のセレブリティらがレッドカーペットに登場。AWARD CEREMONY PARTYでは幻想的なパフォーマンスと華やかな演出に酔いしれました。

長きにわたって映画界と関係の深いことで知られているシャンパンブランド「モエ・エ・シャンドン」がサポートするショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2014(略称:SSFF & ASIA) AWARD CEREMONY/AWARD CEREMONY PARTYが2014年6月9日(月)17:30~渋谷AiiA Theater Tokyo (渋谷区神南2-1-1)にて開催されました。




会場には、映画界にとどまらず様々な分野で活躍するセレブリティが集結。映画祭の華ともいえるグラマラスなレッドカーペットには、喜びの世界的シンボル『モエ・エ・シャンドン』とともに、LiLiCoさん、別所哲也さん、芦名星さん、有村架純さん、齊藤工さん、石坂浩二さん、クリス・ペプラーさん、平井理央さんらが続々と登場し、優雅にレッドカーペットを歩きました。この日のために特別に用意されたオリジナルのモエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル マチュザレムボトル(6リットル)に多くのセレブリティが次々にサインをし、SSFF & ASIA 2014 AWARD CEREMONYの開催を祝福しました。
会場内にはモエ・エ・シャンドンを振舞うバーも登場し、多くのゲストがこの輝かしいひとときと共にモエ・エ・シャンドンの華やかな味わいを楽しみました。


AWARD CEREMONYでは数々の賞が発表されました。今年で創設3年目であるモエ スター アワードの受賞者Susan Bejar (スーザン・ベハール)氏にはMHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 取締役社長 ジェームズ・ペイトンより森田恭通氏デザインのモエ スター アワードの輝かしいトロフィーが手渡されました。ジェームズ・ペイトン社長は、「おめでとうございます!モエ・エ・シャンドンが象徴するスピリットをここまで表現された。本当に素晴らしいです。」と未来の映画業界を担う輝くスターを祝福しました。べハール氏は「こんなグラマラスな式で受賞できるなんて思いもしなかったので、とても嬉しいです!」と語り、受賞の喜びを表しました。

AWARD CEREMONYが閉会すると同時に、AWARD CEREMONY PARTYが始まり代表の別所哲也さんの乾杯の一声をきっかけに、それまでセレモニーが行われていたステージがパーティー会場と変わり、ゲストたちはセレモニー時とは全く別世界になった会場で祝杯をあげました。会場では、真鍋大度氏が率いるデザインファームrhizomatiks(ライゾマティクス)とダンスカンパニーELEVENPLAY(イレブンプレイ)のコラボレーションにより生み出される、光と無人航空機(クワッドコプター)が織り成す幻想的なパフォーマンスをはじめ、音と映像が作り出す華やかな空間演出がなされ、ゲストたちはSSFF & ASIAとモエ・エ・シャンドンが贈る特別な時間を楽しみました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング