【iPhone5S,5Cに関する1万人規模 期待度調査】

PR TIMES / 2013年9月13日 16時33分

注目のiPhone5S,5Cがいよいよ20日から発売開始。今回は国内最大手のドコモからも発売されることで、3社揃い踏みとなり、大きな注目を集めている。 早速利用者の意識を調査してみたところ、興味・関心、利用意向ともにドコモがトップだった。

<iPhone5S,5Cに関する期待度調査 結果概要 >
■国内通信会社3社の中で、iPhone5S,5Cに対しての興味関心・利用意向は共に、「ドコモ」がトップ。
■過去にMNPを利用して ドコモから移行したiPhoneユーザーの28.9%が、ドコモのiPhone5S,5Cの利用意向あり。
■各社のiPhoneについて、興味・関心の理由は、ドコモは「ネットワークがつながりやすいから」、ソフトバンクは「通信料金が安い」が特徴。  
 





 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、iPhoneの最新モデルが発表されたことを受け、2013年9月11日~12日にiPhoneに関する期待度調査をインターネット上で実施しました。
 対象は、携帯電話(スマートフォン、フィーチャーフォン問わず)を持つ15~59歳の男女で、12,476件の回答を集めました。


調査結果

◆iPhone5S,5Cの利用意向

  通信会社3社、各々から発売されることとなったiPhone5S,5Cですが、iPhone5S,5Cを「使ってみたい」と回答した人は21.7%で、「使うことを検討したい」と35.6%を含めると、およそ6割に利用意向があるといえます。

 この利用意向者に、3社のうちどのiPhoneを使ってみたいかをたずねたところ、トップは「NTTドコモ」(以下「ドコモ」) (51.1%)で、次いで「KDDI au」(以下「au」) (26.2%)、「ソフトバンク」(22.7%)の順となりました。


◆現在の利用機種別の、iPhone5S,5Cで利用したい通信会社

 iPhone5S,5Cの利用意向を現在の利用機種別にさらに詳しくみてみると、ドコモ アンドロイドスマーフォンユーザーは94.4%、KDDI au iPhoneユーザー は20.8%、ソフトバンクiPhoneユーザーは17.9%が、ドコモへの利用意向がありました。
 なお、過去にMNPを利用してドコモから移行したiPhoneユーザーの利用意向は、さらに高く28.9%でした。


◆iPhone5S,5Cへの興味・関心度

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング