ふれあいが育まれる39家族の邸宅街区 『ヒトトキのまち きたこしがや』全棟完成! 現場見学会 来場予約開始

PR TIMES / 2014年5月26日 13時23分

~街並やモデルハウスも公開!~

 このたび、株式会社中央住宅(本社:埼玉県越谷市南越谷1丁目21番地2、代表取締役社長:品川 典久、以下:中央住宅)は、3スタイルの街区からなるコミュニティ『ヒトトキのまち きたこしがや』(埼玉県越谷市、総戸数39戸)の街並が完成したことをお知らせいたします。
「アートな街区」スタイルのモデルハウスもご覧いただけます。




全39邸が完成! 来場予約・資料請求 受付開始!
http://www.polus-kodate.com/kodate-k-ko/obayashi25/?waad=vv6mwM7g

都心へのアクセスの良い東武スカイツリーラインの沿線ながら豊かな自然に恵まれた北越谷エリアに、「人と木が育む豊かな時間」というコンセプトのもと誕生した『ヒトトキのまち きたこしがや』。人も木も街も成長する風景を目指し、“木”のもつさまざまな力を活かした「永住」をテーマとした街づくりを行っています。

『ヒトトキのまち きたこしがや』コンセプト


1. ふれあいが育まれる39区画の規模感


これから一緒に暮らしていくコミュニティとして、大きすぎず小さすぎず、まさに“ちょうどいい”規模感を求めた39区画。街の中で出逢い、あいさつを交わし、あたたかな絆を育んでいく―この街には、木にやすらぐ人々のふれあいの物語があります。

2. 緩やかなカーブの道を行く楽しさ
曲線を描く街区内道路が、建物や木立の位置を緩やかにずらし、景観をつくるとともに、散歩するのも楽しいプロムナードを演出。2つのゲートの一方に施したクランク形状は、住民以外の人や車が進入しにくいうえ、車の速度を抑える効果があり、街区内の安全性を高めます。

3. 個性と統一感をもたらす街並
街区内道路に沿って進んでいくと、スタイルの家並が次々に現れる街区デザイン。一邸一邸は個性的ながら、街としての統一感があふれる街並は、この地に暮らす39家族が誇りに思える、永住の邸にふさわしい美しさを醸し出します。

ロケーション


1. ラクラク始発便の利用で都心へスマートにアクセス
「ヒトトキのまち」の最寄り駅は、東京メトロ日比谷線・半蔵門線に乗り入れる東武スカイツリーライン「北越谷」駅。半蔵門線に直通する準急・区間準急の停車駅なので都心方面へスマートにアクセスできます。また、始発便が充実しており、座って通勤・通学ということも夢ではありません。

2. 自然豊かなエリアも、便利なショッピングエリアも徒歩圏内
ゆったりと流れる元荒川は、自然の宝庫。これからの季節、堤防では美しい桜を楽しむことができます。徒歩3分にある越谷梅林公園など、
ゆっくり散策できる公園のほか、スーパーやドラッグストアなど多彩なお店が徒歩圏内に充実しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング