PTC、第2四半期の業績、第3四半期の指標を発表 2014年度通期の予測を修正

PR TIMES / 2014年5月13日 19時22分

【2014年5月13日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、2014年3月29日に終了した第2四半期の業績に関する米PTCの発表を明らかにしました。

【ハイライト】
■第2四半期の業績

- 売上高3億2,900万ドル、2013年度第2四半期非GAAP売上比4%増。為替変動分を除いた場合は5%増

- 非GAAP1株当り利益0.48ドル、前年同期比17%増。為替変動分を除いた場合は18%増

- 非GAAP営業利益率24.4%、前年同期比440ベーシスポイント増(為替の影響を除いた場合も同様)

- GAAP営業利益率15.6%、GAAP1株当り利益0.36ドル

- 第2四半期におけるエニグマ社分(2013年7月11日に買収)、NetIDEAS社分(2013年9月5日に買収)、ThingWorx分(2013年12月30日に買収)の売上高貢献額は400万ドル


■第3四半期の指標

- 売上高3億2,500万~3億4,000万ドル、非GAAP1株当り利益0.48~0.52ドル

- ライセンス売上高8,000万~9,500万ドル

- GAAP1株当り利益0.31~0.35ドル

- $1.38 USD / EURO、103円 / USDを想定


■2014年度通期の指標

(売上高500万ドル増、1株当り利益0.02ドル増)

- 売上高13億3,500万~13億5,000万ドル、非GAAP1株当り利益2.05~2.15ドル

- ライセンス売上高3億5,500万~3億7,000万ドル

- 非GAAP営業利益率 約25%

- GAAP1株当り利益1.40~1.50ドル、GAAP営業利益率 約18%

- $1.38 USD / EURO、103円 / USDを想定

第2四半期の非GAAP実績値には、1,260万ドルの株式報酬費、1,240万ドルの企業買収関連無形資産償却費、390万ドルの企業買収関連費は含まれません。第2四半期の非GAAP1株当り利益には、25%の法人税率と1億2,100万株の発行済み希釈株が含まれます。

【業績について】
PTC社長兼最高経営責任者(CEO)のジェームス・E・へプルマン(James E. Heppelmann)は「第2四半期の売上高と非GAAP1株当り利益は指標範囲高値となり、PTCは堅実な結果を残すことができました。ライセンス売上高は8,500万ドルで、為替変動分を除いた場合は前年同期比8%増となりました。地域別では北米・中南米とヨーロッパが順調で、為替変動分を除いた場合、それぞれ前年同期比14%、6%の売上増となりましたが、日本と環太平洋地区で為替変動分を除いた場合、それぞれ前年同期比10%減、6%減となり、一部相殺される形となりました」と述べています。報告済売上高としては、北米・中南米、ヨーロッパがそれぞれ13%増、8%増、日本と環太平洋地区がそれぞれ21%減、7%減となりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング