1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

エシカ・ビューティープロジェクト、2021年秋冬シーズンプロジェクトテーマ「身に纏うもの」に、ワコールの環境に配慮した新インナーウェアライン「ナチュレクチュール」が協賛

PR TIMES / 2021年10月5日 20時15分

~“やさしい世界を、身に着ける。”をコンセプトに記事コンテンツを展開~

「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトとするwebマガジン「ethica(以下、エシカ)」を運営する株式会社トランスメディア(本社:東京都港区 代表取締役:大谷賢太郎、以下トランスメディア)は、2020年11月19日に「“私(美容・健康)によくて、世界(環境・社会)にイイ。” エシカ・ビューティープロジェクト」を発足。2021年秋冬シーズンは「身に纏うもの」をテーマとし、本プロジェクトを展開して参ります。
このほど、2021年秋冬シーズンテーマに賛同し、株式会社ワコール(本社:京都府京都市 社長:伊東知康、以下ワコール)の環境に配慮した新インナーウェアライン「Nature Couture(以下、ナチュレクチュール)」が、エシカ・ビューティープロジェクトに協賛いたします。今後、“やさしい世界を、身に着ける。”のコンセプトのもと、様々な企業やブランドと本プロジェクトを盛り上げて参ります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/9399/14/resize/d9399-14-f4d8d0e6372a9f498330-0.jpg ]



今回協賛の背景

エシカでは「食べるモノ、使うモノ、身の回りにあるモノを『私(美容・健康)によくて、世界(環境・社会)にイイ。』へシフトさせる」をコンセプトにエシカ・ビューティープロジェクトを発足して以来、プロジェクトに共感しともに盛り上げていただける企業様を募って参りました。

2021年秋冬シーズンは、プロジェクトテーマを「身に纏うもの」とし、本テーマに共感いただける様々な企業様との取り組みを検討いたしました。
その中で、ワコールが2021年9月にローンチした環境に配慮した新インナーウェアライン「ナチュレクチュール」の、身に纏う人に優しいものづくりや廃材リサイクル等の考えに共感し、今回の協賛に至りました。



ナチュレクチュールについて

“やさしい世界を、身に着ける。”をコンセプトに2021年9月中旬に発売開始した、環境に配慮したインナーウェアラインです。
肌ざわりのよい素材と肌あたりのよい設計で着る人にとってやさしく、廃棄材料を抑えたデザインで自然にもやさしいインナーウェアを目指しました。アメリカ産のオーガニックコットンや、マニラアサから採れるセルロース繊維を主原料とした和紙といった自然由来の素材を使用し、無染色のカラーやオリーブの葉、バラの花など植物から抽出した色素を使用したカラーで展開しています。
今後は、生地の裁断時に発生する廃棄材料を国内工場で回収し、それを糸に再生して次シーズン以降のナチュレクチュール商品材料として再利用する“廃棄材料リサイクル”のシステムの確立を目指します。
全国の百貨店、専門店の約 70 店舗およびワコールウェブストアで発売しています。

<ナチュレクチュール 公式サイト: https://www.wacoal.jp/naturecouture/


今後の取り組みについて

ナチュレクチュールが掲げるコンセプト“やさしい世界を、身に着ける。”をテーマに、エシカで全3回の連載企画を実施いたします。
本連載では“やさしい世界を、身に着ける。”に共感する著名人(モデル・アーティスト等)や業界で活躍する起業家、アクティビストの方々への取材を通じ、自分にも環境にも心地よくやさしいライフスタイルのあり方を考えていきます。


“やさしい世界を、身に着ける。”のテーマに共感するブランド様を募集

本企画を共に盛り上げるべく、“やさしい世界を、身に着ける。”のテーマに共感し、本企画パートナーとなっていただけるブランド様を募集いたします。
本企画パートナーとなっていただく各ブランドご担当者様を取材、記事をエシカで展開いたします。(エシカへの記事掲載は11月下旬を予定)

・募集期間:2021年10月5日~2021年10月15日
・対象:“やさしい世界を、身に着ける。”のテーマに共感する、ビューティーやウェルネス、食、ライフスタイル、ファッション関連のブランド様


エシカ・ビューティープロジェクトについて

エシカは2013年7月に「エシカルライフに焦点を当てた日本初のwebマガジン」として創刊して以来、サスティナブル、ソーシャルグッド、エシカル等のテーマへの関心が高い20代~30代の女性を中心とする読者に対し「私によくて、世界にイイ。」豊かなライフスタイルを実現するヒントをお届けしてまいりました。

昨今、ウィズ・コロナによる急速な社会情勢の変化に伴い「おうち美容」「癒しアイテム」が一層注目を集めています。
また、ジェネレーションZ世代、ミレニアル世代の消費者を中心に、従来の「誰もが知る有名ブランド・人気ブランドの商品を選びたい」という意識から「モノの背景にあるストーリーを含めて大切にしたい」「本当に信頼できるものを選びたい」という意識にシフトしており、その背景の一つには、エシカルやサスティナビリティ、SDGsへの関心の高まりが挙げられます。

そこで、エシカが8年間培ってきた情報発信力とコンテンツ開発力を生かして「美と健康」そして「環境と社会」をつなげることで、変化する消費者の気持ちに寄り添い、食べるモノ、使うモノ、身の回りにあるモノを「私(美容・健康)によくて、世界(環境・社会)にイイ。」へシフトさせることをめざし、エシカ・ビューティープロジェクトが発足いたしました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/9399/14/resize/d9399-14-c20b0b48deea17730c70-1.jpg ]

また、エシカ・ビューティープロジェクトでは「私(美容・健康)によくて、世界(環境・社会)にイイ。」モノ・コト・ヒトをより効果的に発信・普及させるため、プロジェクトに共感いただけるパートナーと連携しながら取り組みを推進します。
SDGs目標17番「パートナーシップで目標を達成しよう」のもと、著名人や専門家、企業パートナー、エシカ読者と共に、私たち一人ひとりの暮らしと未来をより豊かでサスティナブル、そしてウェルビーイング(WELL-BEING)なものにすることをめざします。

詳細は、2020年11月19日配信の以下プレスリリースをご参照ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000009399.html


エシカ媒体概要


[画像3: https://prtimes.jp/i/9399/14/resize/d9399-14-cedeb9cc3abd24972e9b-2.png ]

「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年7月に「エシカルライフに焦点を当てた日本初のwebマガジン」として誕生した、個人と世界のサスティナビリティ(持続可能性)を追求するエシカルコンシャスなコンテンツを集めたメディアです。情報感度の高い20代~30代の女性をターゲットに、ライフスタイルに関する情報を軸として、生活に彩りを添える情報とサスティナブルな世界を創るヒントをお届けしています。

<URL> http://www.ethica.jp/


株式会社トランスメディアについて

新しい価値を創造し、企業のインターネットコンテンツの開発を支援する「インターネットを駆使したブランド体験開発会社」として2012年12月に設立。自社メディア事業で養った情報力とアセットを強みにブランドスタジオ事業を展開するほか、コンテンツ、デジタル、PRを駆使した事業開発支援を実施しています。

【企業ミッション】
「人に喜ばれる仕事に取り組む」

【経営モデル】
「四方良し」=「創り手良し、売り手良し、買い手良し、世間良し。」

【企業情報】
・企業名:株式会社トランスメディア(英語表記:TRANSMEDIA CO.,Ltd)
・所在地:〒106-0047 東京都港区南麻布3-20-1 Daiwa麻布テラス 5階
・資本金:1,000万円
・代表取締役:大谷賢太郎
・URL: https://transm.co.jp/
・事業内容:クリエイティブエージェンシー事業、デジタル・インテグレーション事業、PRエージェンシー事業、メディア事業、映像事業、ブランドスタジオ事業
・関連会社:株式会社トランスメディア・デジタル、株式会社トランスメディア・クリエイターズ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング