【流れ星をテーマに作られたスペシャルパフェ。途中でさらに惑星を食べて、味と食感が変わる!】うさぎリエジョアのニコラシャール表参道店がさらにワンランク上の手間と時間を掛けた、「イエロースター」を新発売

PR TIMES / 2014年11月27日 10時12分

11月9日(日)に銀座から移転オープンしたニコラシャール表参道本店。
そのニコラシャール表参道本店がワンランク上の手間と時間を掛けた個数限定の新商品を新しく売り出す。

その名もスペシャリテリエジョア「イエロースター」。

世界を繋げる空、そして空に感動を与える流れ星をモチーフに作られたリエジョアだ。
そして、そのモチーフに沿って食材も食感もガラリと大きく変化する。



11月9日(日)に銀座から移転オープンしたニコラシャール表参道本店。
そのニコラシャール表参道本店が個数限定の新商品を新しく売り出す。

その名もスペシャリテリエジョア「イエロースター」。

リエジョアとはフランス語でパフェを意味する。
そして、「イエロースター」は世界を繋げる空、そして空に感動を与える流れ星をモチーフに作られたリエジョアだ。
そのモチーフに沿って食材も食感もガラリと大きく変化するのが「イエロースター」一番の特徴だ。


そんな「イエロースター」には普通のパフェでは見られない食べ方がある。


まず、グラスの上にふわりと乗っている黄金色に輝く飴細工の真上からたっぷりの「熱々ストロベリーソース」をかける。すると、流れ星が一瞬で消えてしまうようにイエロースターの飴細工も赤い「熱々ストロベリーソース」に飲み込まれていく。

この「熱々ストロベリーソース」をかけた後にスプーンで掬い、一口、口に入れると、まず初めにあたたかくて酸味が少し強いストロベリーの味がする。それからチーズクリームの滑らかな食感と味の中で違和感を持つガリガリとした感触。しっかりとした食感の飴細工がアクセントとして活きてくる。

一つ一つを考えてみると味のイメージがつかないようなそんな魔法のようなふわふわした不思議な気分にさせる一口目となる。

さらに「イエロースター」には特殊な食べ方がある。

それはリエジョアの真ん中に入っている「オレンジアイス」まで来ると、「イエロースター」と一緒に小さなスプーンで運ばれてくるハチミツで出来た小さなパール状の玉とその上に乗った雪の結晶のような小さな飴をまとめて一口で頂くことだ。


すると、口の中でワッと広がるサプライズにほとんどの方がびっくりすることになるだろう。


ハチミツのパールのもたらす、ほんのりとろける甘いハチミツの味の中で小さな飴がパチパチッと勢いよくはじけるのだ。花火のように口の中で花を咲かせるこの小さな飴にはニコラの遊び心が込められている。

初めて「イエロースター」を食べる方は驚くこと間違いなしの手品がそこにある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング