SNS営業自動化のチャットブック、マーケティングオートメーション「Marketo」と連携。~MarketoでのFacebook Messengerとの連携は初~

PR TIMES / 2019年11月12日 11時55分

アドビのマーケティングオートメーションプラットフォーム「Marketo Engage」との連携機能をリリース

当社は、アドビ システムズ 株式会社が提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「Marketo Engage」と連携を開始しましたのでお知らせいたします。
Marketo Engageを利用してMessengerでの自動マーケティングを行えるのは、ChatBookが初となります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/23100/14/resize/d23100-14-780929-2.png ]

■Marketo Engageとの連携の目的と効果
Marketo Engageとの連携を利用することで、チャットボットと会話したユーザーや会話の内容を追加することができ、Marketo Engage上でオートメーションルールに入れることが可能となります。

今までChatBookを利用して見込み顧客を獲得していた際、Marketo Engageで管理するためには顧客情報を手動で入力する必要がありました。今回の連携で、ChatBookで作成されたフェイスブックページ上で獲得した見込み顧客はMarketo Engageに自動で新規追加・更新され、他のマーケティングツールを利用して獲得した見込み顧客との統合ができるため一元管理ができます。
また、ChatBookを通したフェイスブック広告を利用することで、安価かつスピーディーな顧客対応ができ、新たなマーケティングチャネルを利用することが可能になります。

■Marketo Engageに対応した「営業自動化ツールChatBook」でできること
「Marketo Engage」と「ChatBook」を連携することで、見込み顧客のお問い合わせ対応がチャットボットで自動化。SNS情報をリード情報に追加することで、スコアリングの精度が向上し、最適なナーチャリングを提供できます。
ChatBookを導入することで、Marketo Engage上のシナリオに沿ってMessenger経由でのナーチャリングも行えるようになり、メールよりも顧客エンゲージメントの高い導線ができます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/23100/14/resize/d23100-14-870510-3.jpg ]

<Marketo Engageテクノロジーパートナーのページはこちら>
https://jp.marketo.com/partners/technology.html

■会社概要
会社名:アドビ システムズ 株式会社 / Adobe Systems Co., Ltd.
代表者:ジェームズ マクリーディ
設立日:1992年
所在地:東京都品川区大崎 1丁目11番2号ゲートシティ大崎 イーストタワー
ウェブサイト: https://jp.marketo.com/
        https://www.adobe.com/jp/


会社名:株式会社チャットブック
代表者:代表取締役 小島 舞子
設立:2016年9月
所在地:東京都港区六本木4-2-45 高會堂ビル2階
ウェブサイト: https://chatbook.ai/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング